こんにちは!necoです。ドラマ「100万円の女たち」も第8話になってしまいました~。8話では中傷のFAXを送り続けた人が明らかになりました。そして、美波は真犯人を確信したようです。それは誰?ということで、ドラマ「100万円の女たち」第8話のあらすじ&ネタバレと感想まとめをお送りします~。

スポンサーリンク

ドラマ「100万円の女たち」第8話あらすじ&ネタバレ

慎が5年前を回想。

5年前、慎の父の事件がニュースで報じられ、家には投石。

中傷のFAXが届くようになった。

 

慎と残された女たちも事情聴取を受ける

しかし、一緒に暮らしていたものの、菜々果については誰も全く知らなかった。

菜々果は母親が亡くなって身寄りがなかったらしいと警察から告げられた。

 

犯人が出頭。

熱狂的なファンという男の仕業だというが・・・。

花木ゆずと森口もこのニューを見ていた。

花木ゆず「どうして、彼女が殺されたかわかりますか?

 

頭が悪かったんですよ。才能はあるのにそれを扱う能力に欠けていた。きっと自己愛が足りなかったんですね。」

 

 

森口「なるほどね。」

 

そして、菜々果の事件を新刊「世界論」のプロモーションで利用しようと森口と画策する。

 

菜々果の部屋で話し合う5人

美波「警察にこの生活の事何て話したの?」

 

慎「ありのままを話したけど、何も答えられなかったんだ。」

 

慎が警察から聞いたところ、
菜々果には、母親が亡くなった後、誰も身寄りがいなかったという。

 

菜々果が殺された日に届いたFAXの送り主は?

「本当の償いのはじまりです(笑)」と書かれたFAXをみている慎。

美波「こんなもの捨てなさいよ。菜々果ちゃんを殺した奴が送ってきたのよ。」と言ってゴミ箱へ。

 

慎「警察の人に聞いたんだけど、犯人はFAXなんか送ってないって。」

スポンサーリンク

 

菜々果の葬儀

菜々果の葬儀が盛大に行われる。

花木ゆずも参列。さっそく菜々果のことを利用。テレビで「いつか仕事で一緒にやれたらいいね。」と菜々果と話してもないことを話題にしている。それを居酒屋で見ている桜井。

 

「漂う感情」が100万部越え確実と報道される。

森口がテレビでコメント
「これだけネタが続いているんですから、日本文学話題賞ですね。実力でもなんでもない。」と嫌味。

 

それを見た桜井は
「でも、売れてるんですよ。」と静かに笑う。

 

慎の家の前には菜々果のファンが

慎の家の前には、菜々果を偲んでファンが花やお供え物を持ってやってきている。

 

ファンたちが外出する慎に向かって
「菜々果ちゃんに謝れ。」「お前のせいだ。」
「逃げてんじゃねーよ。」などとなじられる。

 

何も言わずに歩いて行く慎。

菜々果を偲ぶ慎

スーパーでは、菜々果の好きだった牛乳を手に取る慎。

街には菜々果のポスターが張られている。

 

書店では、慎の「漂う感情」のコーナーの側に、菜々果のコーナーが設けられていた。
菜々果のインタビューの動画が流れている。

 

それを見つめている慎。

 

花木ゆずの悪だくみ

花木ゆず新刊の「世界論」のインタビューで、何度も菜々果の事を話題にする。

 

そして、「菜々果の最後の晩、世界論について語りあったことはずっと忘れません。」
などと菜々果と話し合ってもいない事を言う。

 

「僕は彼女の遺志をついでいきます。」としっかり菜々果を利用。

 

マスコミに囲まれる慎

買い物から戻ると、家の前にはマスコミの記者がたくさん。
無防備な慎は、あっという間に囲まれる。

そこへ担当編集者の桜井が来て、慎をマスコミから守って家の中へ。

 

 

「漂う感情」が映画に?

桜井と慎は菜々果の部屋で菜々果の遺影に向かい手を合わせた。

そのあと桜井は
「大手映画会社から『漂う感情』を映画化のオファーが来ています。これを受ければさらに多くの人に道間さんの本を読んでもらえます。」と言う。

 

慎「ありがたいお話なんですが、お断りさせて頂きます。」

 

 

「どうしてですか?」と驚く桜井。

 

 

「主人公を演じられる女優がもういないんです。」

 

 

美波は何かを調べている。

美波は、部下の砂子に確認。
「例の件の裏って取れたの?」

 

砂子「確認が取れました。」

 

慎が見た夢

菜々果と会話している。

菜々果「どう?有名になってみて。売れたかったんでしょ?」

 

 

慎「こんな風になりたかったんじゃないよ。」

 

 

菜々果「それ本心?」とほほ笑む。

 

慎「うん。」

 

 

菜々果「ミッチーは嘘が下手だもんね。いいんじゃないそれで。

 

でも自分にだけは上手に嘘ついてる。伝えたいことはちゃんと伝えなよ。

 

死んじゃったら言いたいことも言えなくなるんだから。

 

 じゃあね。」と言ったところで、目が覚める慎。

父と面会する慎

父「慎、すまんな。自分のせいで」と謝る。慎がいろいろ騒がれていることを知っている。

 

慎「ずっと聞きたかったことがあるんだけど。どうしてやっちゃったの?」

 

父「自分のためだろうな。」

 

 

慎「被害者側の気持ち考えられなかった?」と問うと

 

 

父「あの時は、裏切った母さんや土井守への恨み以外、他の事何にも考えられなかった。」

 

 

慎「父さん、最低だね。」

 

 

父「そうだな。最低だな」と自嘲しながら言った。

 

それを聞いて、黙って立ち去る慎。
人を殺して言い理由はないはずだと考えながら。

スポンサーリンク

中傷のFAXを送っていたのは?

父に面会の後、いつものように水口家に行った慎。父に殺された警察官の水口博の母栄子と話している。

 

栄子「これ、読んだわよ。売れてよかったわね。あなたは前に進めたみたいねぇ。」

 

慎「どうして、中傷のFAX送ってくるんですか?」と突然聞いた。

 

「だって卑怯じゃない。自分は勝手に人をやっておいて、最後には人にやってもらえるなんて。死んだら本人チャラじゃない。

 

後悔も懺悔も生きてる私たちにしか残らない。こっちの息子にはもう何にも起こらない。

 

 

なのに自分の息子は犯罪者の父親のおかげで本まで売れてる。そんなの都合よすぎるわよ。」と泣きながら訴えた。

 

慎「すみません。」

 

栄子「どうして、私がFAX送ってるってわかったの?」

 

慎「なんとなくです。」

 

栄子「あなたもずっと感じてたのね。私の憎しみを。

でも、安心して。もうFAXも送らないし、何にもしない。だからもう来ないで。」

 

真犯人は招待状の送り主!?

美波「犯人について調べてみたの。犯人は菜々果のファンじゃなかった。

 

犯人の男には3000万を超える借金があった。事件後その借金が完済されていた。

 

菜々果ちゃんはお金のために殺された。新犯人は、私たちの招待状の送り主よ。」

 

慎「いったい何のために?」

 

美波「それはわからない。でも真犯人の目的は終わってない。

こんなやり方絶対にゆるせない。」

 

みどり「もしかして、招待状の送り主わかっているんですか?」

 

美波「私を誰だと思ってるの?とっくに気づいてたわよ。」

一同ビックリ!

 

美波「ただ、みんなは知らない方がいい。私に任せて。犯人のねらいがわかってきたところなの。

 

菜々果ちゃんが亡くなって得をする人間がいる。」

 

慎「一人得をしている人間がいるよ。それはボクだと思う。」

 

菜々果が亡くなった後、「漂う感情は」100万部を突破したのだった。

第9話に続く。

スポンサーリンク

 

ドラマ「100万円の女たち」感想まとめ

花木ゆずというブランドを最後まで見せて欲しい

中村倫也さんが気になっているnecoにとっても、出演シーンがたくさんあってうれしいです。花木ゆずは道間慎と全く正反対のキャラ。原作よりそこが際立っているように思えます。

 

雰囲気がたまらないドラマ

第8話で、中傷のFAXの送り主が明らかになりました。第9話では、招待状の送り主が明らかになるのかそれとも…。

 

▼100万円の女たち主題歌▼

 

▼100万円の女たち原作▼

 

 

▼ドラマ「100万円の女たち」関連記事▼

 

スポンサーリンク