こんにちは!necoです。「コードブルー3」第2話見ましたよ~。シリアスな山Pがかっこえ~。そして、それぞれ5人が成長してるんだな~と、時の流れも感じてしまいました。そんな「コードブルー3」の第2話のあらすじ&伏線&感想をお届けします~。

スポンサーリンク

ドラマ「コードブルー3」第2話あらすじ&感想&伏線

藍沢耕作(山下智久)が救命救急センターに戻って一週間が経過した。しかし、白石恵(新垣結衣)と藍沢のフェローへの指導方針などを巡るぶつかり合いは、緋山美帆子(戸田恵梨香)や藤川一男(浅利陽介)も辟易するほど。

 

横峯あかり(新木優子)への藍沢の指導の厳しさは、センターを円滑に回したい白石にとって許しがたいものだった。白石は藍沢の復帰を願ったことを早くも後悔し始める。

 

そんな折、開放骨折の患者、宮本望海(古畑星夏)が救急搬送される。17歳の望海は妊娠していることがわかり、駆けつけた父の勉(平山祐介)はHCU(高度治療室)でほかの患者が寝ていることも顧みず大声で娘をしかり始める。出産を望む望海に勉は大反対しているのだ。

 

妊娠で悩んでいるのは、この親娘だけではなかった。藤川は冴島はるか(比嘉愛未)の懐妊を知ったものの本人から話してくれないため聞くこともできずに思い悩んでいた。藤川は、そのことをうっかり白石や緋山に話してしまう。そこには藍沢もいた。

藍沢は人体模型を使って胸腔ドレーンの練習をする横峯を見つけ、ICU(集中治療室)に連れていく。意識がない患者を最高の練習台と語り練習を促す藍沢の考え方についていけず横峯はついに泣き出してしまう。傍では灰谷俊平(成田凌)が震える腕を必死で押さえているなど白石は救命センターの現状に頭を抱えてしまう。

ギスギスした師弟関係のまま、ドクターヘリ要請を受けた藍沢と横峯は現場へ飛ぶ。マリーナでクレーンによって吊られた船が落下して、親子3人が怪我をしたらしい。機内で緊張する横峯に、藍沢は3人全員の処置を任せると言い放った。
出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index02.html

 

白石VS藍沢

フェローの指導をめぐって、白石と藍沢が対立してしまいますが、どちらの言い分もわかる~と思いながら見てました。

 

早く、一人前のドクターにするには藍沢のスパルタ指導方法が一番だよね、きっと。

いつでもフォローしてやると覚悟と自信と責任感がなければできない方法だと思いますが。

 

横峯の成長

はじめて、藍沢から1度に3人全員の処置を任された横峯。
最初は頼りない感じでしたが、藍沢や白石らに助けられながら無事処置を完了できた横峯は、大きな一歩を進んだと思いました。

 

藍沢の一言が感慨深い

そして、藍沢も大人になったんだな~と感慨深かったのが
やりきった横峯に対して、処置のダメ出しをした後、「よくやった」と言ったこと。

横峯も自信がつく一言!

藍沢はかつて指導してくれた黒田先生(柳葉敏郎)のようでした~。

白石も、絶賛してたし。

第2話は、フェロー横峯の成長が見れました~^^

 

スポンサーリンク

 

冴島の妊娠にリンク-伏線1

骨折で運ばれてきた17歳の宮本望海が、実は妊娠していた。父親に反対されても産む決心は変わらない。そして反対していた父親も説得。

これを間近で見守っていた冴島。
第1話では、妊娠していることが藤川にばれてしまっていましたが、冴島自身はやりがいのある仕事を優先したい気持ちもあり産むことを迷っています。

この先どうするのか、どうなるのかが第3話への伏線のようです。

 

橘の息子の病状-伏線2

小児科に入院している子供たちが水遊びしている中、橘の息子は日陰でその様子を見ているだけが精いっぱい。水にも触れない。

その様子を見ていた橘は緋山に
「楽しいよって言うんだ。あいつが。一歩も立ち上がれないのに。水も触らせてもらえないのに。僕は充分楽しいよって。親よりも子供のほうが強いな。」と。

橘の息子にドナーは見つかるのでしょうか?

 

藍沢に会いに来た女子高生、実は…-伏線3

救命に藍沢に会いに脳外の患者の女子高生・奏が訪ねてきました。
藍沢はそっけない応対。そこに新海が迎えに来ると、奏は飲み物を買ってから行きますと藍沢と新海の側を離れました。

 

藍沢「どうだった?」
新海「3.5cmだ」

 

その女子高生は、世界的なピアニスト天野奏。

 

バーで偶然一緒になった藍沢と白石と緋山。

 

緋山が面白がって奏のマネをした。
「藍沢先生、何で脳外やめちゃったの?」

 

藍沢「「彼女は人生のすべてをピアノに捧げている。俺たちが24時間、医療に費やしてるのと同じように。そして、彼女には才能もある。」

 

緋山「ふーん、いいよね。才能があって認められて、おまけにこんなにかわいくてさ。運のいい子っているんだね。」

 

藍沢「小脳に腫瘍がある。できれば触りたくない位置だ。今日の検査で3.5㎝を超えていた。不条理だ。」

 

奏は、命をとるか、ピアノをとるかの決断に迫られる時がくるのでしょうか?
一番ハッピーなのは、手術が成功してピアニストも続けられることなのですが…。

 

と、これからのコードブルー3のストーリーに関係してくるエピソードではと思いました。

 

このドラマを観ていると、やはり「命」について考えさせられることが多いです。

 

第1話、第2話、見逃した~!、もう一度観たい!!場合はこちらがおすすめです^^

→ FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

 

スポンサーリンク

「コードブルー3」第2話皆さんの感想

 

 

▼コードブルー3関連記事▼

 

スポンサーリンク