こんにちは!necoです。ドラマ「コードブルー3」第3話も深いな~と思わずにいられない。予告動画では、冴島さんが大変なことに!と思っていました。冴島さんはどうして倒れた?そして赤ちゃんはどうなった?そんなドラマ「コードブルー3」第3話あらすじ&感想&妄想的伏線予想もお届けします~。

スポンサーリンク

ドラマ「コードブルー3」第3話あらすじ

 

”命とその人が命よりも大事だと思っているもの。どちらかを選ばなければならないときどうすべきなのか?“。藍沢耕作(山下智久)はあらためてこの問題に向き合っていた。
藍沢が脳外科医で出会った患者の天野奏(田鍋梨々花)は将来を期待される14歳の天才ピアニスト。しかし彼女の脳は腫瘍におかされていた。指先の動きなどを司る様々な中枢が入り込んでいる部分に腫瘍を抱えている。今手術をすれば奏の命は守られるが、ピアノを弾けなくなるというリスクが伴う。両親は早期の手術を望むが、拒否し続ける奏に現在の担当医、新海広紀(安藤政信)は頭を悩ませていた。
一方、救命には渓流で足を滑らせて転落した男性、緒方博嗣(丸山智己)が運び込まれる。こだわりの料理人として注目を集めている緒方だが、頸椎に脱臼骨折というダメージを受けていた。この状況下にあって自分が仕留めたイワナのことを心配する緒方に緋山美帆子(戸田恵梨香)は興味を持つ。
そんな中、森林公園で倒れていた男性救出のためドクターヘリ要請が入り白石恵(新垣結衣)らが救出に向かった。藍沢たちが病院で待機していると、白石からドクターヘリの機内に原因不明の汚染が発生したとの報告が入る。藍沢たちは初療室周辺とヘリポート、緊急外来を立ち入り禁止にするなど異例な事態に備える。藤川一男(浅利陽介)は身重の冴島はるか(比嘉愛未)も汚染されたヘリに同乗していることを思い出し、即座に走り出すのだった。

森林公園内で倒れた男性・秋本は、実は薬物を飲んで自殺を図ったのだった。ヘリ内で嘔吐。そこから薬物でヘリ内が汚染されたのだった。

橘は緊急外来・救命センターを立ち入り禁止にして患者を移動するよう指示。藍沢も除染の準備を始めた。

出典:http://www.fujitv.co.jp/codeblue/story/index03.html

 

ヘリ内にいた全員、全身を洗った。藍沢は毒物を特定するために白石と灰谷に状況確認。
灰谷が甘いにおいを感じたが、白石は感じなかったという。そこから藍沢は毒物は「シアン」と特定。処置を開始した。

 

冴島は、処置が終わっても意識不明のまま。藤川が心配そうに付き添っている。

 

藍沢に
「なんでだろうな。今日に限って全部青だったんだよ。信号、いつも通勤してる道の。おれたちその時間だけなんだよ。二人で落ち着いて話せるの。だから、今日話そうと思ってたんだよ。なのに、今日に限って青信号で、すいすいいけちゃうんだよ。どう切り出そうと思ってたら病院ついちゃって。ひとつでも、どっか赤だったら、俺言えてたと思うんだ。おなかの子のためにヘリ降りて欲しいって」

 

秋本が意識を戻した。そこに妻も到着。

 

名取が、スマホで秋本の事を調べた。

 

秋本は千葉国立大学神経科学研究所の主任で、アルツハイマー型認知症の原因物質抑制プロジェクトのパイオニア的存在。しかし、開発競争に負けたことが原因で自殺を図った・・・。

 

ICUでは、緒方は、店の板前を集めて店の指示を出していた。

 

秋本は、「あなたが自殺したいという気持ちわかる」と言った妻に向かって
「気休めもあまりにも無知だとうんざりする。頼むから俺の前から消えてくれ」と言い放った。

 

それを聞いていた緒方は
「「あんたには無理だな。長年世話してくれた奥さんに、そんなことを言うあんたに世紀の新発見?無理無理、できっこない。だいたい、先こされたぐらいで命絶とうなんて弱すぎなんだよ。負けた自分を認めたくなくて、楽なほうを選んだだけだよ」

 

緋山は
「誰だって心が折れる時がある」と制止したがまだ話し続けようとする緒方に向かって
「「じゃあ、あなたは二度と包丁を握れなくなっても、今と同じこと言えますか?」

 

緒方「「わかんないよ。そんなこと。なってないし。俺はすぐに包丁握って厨房に立つんだから。そうだろ」

 

緋山が答えられない状態でいることに気づいた緒方は、腕を動かしながら
「俺、また包丁握れるよな?」と聞いた。

 

緋山は、答えられず。

 

緒方はこのことから、包丁を握れなくなるかもしれないと気づいてしまう。

 

廊下を歩いている藍沢に、点滴を受けている最中の奏が声をかけてきた。
「父親に早く手術しろ」と怒られたと話す。

 

そして
「ピアノを弾かない生活ってどんななんだろうね。」

 

藍沢「俺にはわからないな。。」

 

「わたし、生きていけるのかな。」

 

返事を考えている藍沢に、連絡が入る。
症状が安定し一般病棟に移る予定の秋本が奥さんの目の前で飛び降り自殺を図ったのだった。

スポンサーリンク

 

肝臓が破裂して大量出血。その場で開腹手術することに。

 

出血は止まらず。ガーゼをつめて手術をいったん中止しダメージコントロールすることにした藍沢。

 

白石は、ICUで24時間様子を見て、その後手術を再開できるかどうか決めると奥さんに伝えたのだった。

 

フェローたちの会話の中で、医者が続けられないと言われたらどうする?という話題に。
名取は本気で医者になりたいと思ったことがないと言うが、横峯は「そうなんだ」でスルー。

 

藍沢は、秋本の妻に休む場所を準備したのでと話すと
「夫は本当に生きようと思ってるのでしょうか。ほんとうに研究しかなかったんです。がんばってたんです。それを失って生きたいと思うのかどうか私にはわかりません。」

 

24時間経過し、手術は再開されることになった。
ガーゼの取り出しを灰谷が担当。最後の部分は白石が処置。なんとか全部撤去すると出血は止まっていた。手術は無事終了。

 

秋本の奥さんに藍沢は
「「ご主人が本当に生きたがっていたかどうかは、私たちにはわかりません。ですが体は生きたがっていた。同じケガで命を落とす人も少なくありません。ダメージコントロールは患者さんの生命力に問いかける行為です。秋本さんの体は生きたいと答えた。体が答えてくれるまで24時間待った。でも、心が答えてくれるまでには、きっと、もっと時間がかかると思います。」

 

冴島の意識が戻り、後遺症もなかった。藤川は喜んだ。その様子を見てほほ笑む冴島。

 

緋山は、緒方に謝罪。
「すみませんでした。人生を左右することをあんな形でお伝えするべきではありませんでした。」

 

緒方「それは、統計上の話でしょ。俺には当てはまらないかもしれないじゃない。俺見えてますからね。自分が厨房に立ってる姿。ありがとね、先生。これで復帰が早くなる。起きちまったことは変えられないんだ。今しかない。だったら、今この瞬間をどう生きるかですよ。」

 

緋山は涙ぐみながら「そうですね。」

 

 

この会話を聞いていた藤川は、冴島の元へ。

 

「妊娠してなかったら結婚したかったか?はわからないけど、、、。俺は、今の気持ちならはっきりわかる。俺は、はるかと生きたい。おなかにいる子供と3人で。ずっと、はるかと生きていきたい。だから、結婚して欲しい。これじゃだめかな・・・あれ、返事は?」

 

冴島「目を覚ましたとき、最初に誰のことを思ったと思う?」

 

「俺?」

 

「それはない。赤ちゃん。私とあなたの赤ちゃん。」

 

白石は灰谷に
「今日は、帰った方がいいよ。」

 

灰谷「すみませんでした。シアン騒ぎの時。僕あの時、患者さんのことも、倒れた冴島さんのことも考えられませんでした。怖くて。僕は臆病者なんです。僕は医者には向いていません。」

 

白石「ダメージコントロールの1番のポイントは臆病であること。秋本さんの手術を続行せずにダメージコントロールで一時中断したのは、藍沢先生にも臆病な一面があったから。灰谷先生が医者に向いてるかどうかはわからない。だけど臆病も医者の素質として必要。」

 

この会話を聞いていた藍沢は
「シアンのにおいを感じるのは40%しかいない。灰谷が感じたことで患者と冴島の命が助かることに貢献した。」

 

まだ手術を受けることに迷っている奏(田鍋梨々花)の元に藍沢が訪れた。

 

奏は、死のうした秋本の気持ちがわかると言い、そして
「大丈夫だよ。私ちゃんと手術する。」

 

と言って、手術の同意書にサインしようとするが
「弾けなくしないで。先生、わたし、やっぱり怖い。」と涙ぐんだ。

 

そんな奏に、手術の同意書にサインしてとは言えない藍沢だった。

 

藍沢のつぶやき
~命と命よりも大切だと思っているもの。どちらかを選ばなければならない時、医者は命を優先する。中には命を捨ててでも、大切なものを選びたいと言う人がいる。それでも、医者は命を優先する。命さえあれば、いつか大切なものを失ったつらさをも乗り越えられると医者は信じているから。けれど、失うものがあまりのも大きいときは、医者は、どうすればいいのだろう。~

 

スポンサーリンク

ドラマ「コードブルー3」第3話感想&伏線予想

命と命より大切だと思っている事、どちらを選択するか。
第3話も考えさせられるテーマでした。

 

冴島の場合、患者秋本の場合、患者緒方の場合、奏の場合。

 

 

冴島は、赤ちゃんを産むことを決心しましたね^^

 

伏線予想-1雪村は冴島の後継者。

冴島は、これから新人ナースの雪村をフライトナースとして育てることになりそうですね。

雪村は、プライドが高く向上心も強い。1日も早く周りから認められようと気負うばかりについ実力以上の物言いをしてしまうことも。その前のめりな姿勢がいい方に転べばと冴島は期待を寄せるが…。(公式サイト・相関図より)

 

ということなので、

強気発言をポロポロしていた雪村でしたが、冴島の後継者に成長できるか期待です^^

 

伏線予想-2緒方は、また包丁が握れるようになるのか?そして緋山の彼候補?

ポジティブ思考の料理人・緒方さん。包丁を握れるようになる確率は低いと宣告されても、自分は包丁が握れるようになると信じてる。「起きてしまったことはしかたがない。今をどう生きるかだ」と名言!!それを言い切る強さ。

 

男っ気のない緋山。運ばれてきた時、自分の怪我より岩魚を心配する緒方さんをタイプだって言ってたし♪

 

もしかして、緋山の将来の彼かな?なんて予想します~。

 

伏線予想-3奏は手術を受ける決心がつくのか?

逆に、ピアノが弾けない自分をイメージできない奏。

緒方さんと話せるチャンスがあれば、気持ちも変わるのでは?

手術後も天才ピアニストとして活躍できるようなストーリーであって欲しいと願うnecoです。

 

伏線予想-4名取は本気で医者になりたいと思ったことがなかった。それなのにどうしてフェローに?

フェロー達の会話の中で、名取が「本気で医者になりたいと思ったことがない。」と言っていました。だから、どこか冷めてる雰囲気だったんですね~。でも、それなのにどうして医者になったのでしょうか?

ということで、どういう展開になるか第4話も楽しみにしたいと思います~。

スポンサーリンク

 

ドラマ「コードブルー3」皆さんの感想

 

 

 

 

▼コードブルー3関連記事▼

 

スポンサーリンク