こんにちは!necoです。先月函館に1泊2日で行ってきました。その時金森赤レンガ倉庫にある「函館蒟蒻(こんにゃく)しゃぼん」のお店に立ち寄りました。目についた洗顔石鹸。それが、まぁ癒されちゃいまして。お店でお試しで石鹸を使って手が洗えるんです。石鹸を触ってみると、ぷにぷに。洗った後の手はしっとり。ついつい自分用のお土産にお買い上げしました。さて自宅で使った感じはいかに?

スポンサーリンク

そもそも蒟蒻(こんにゃく)しゃぼんって?

ヒルナンデス!でも紹介されたことがあったようですね。こちらの動画を見ると様子がわかると思います~。

 

お店で頂いたチラシによると

通常の固形石鹸は、脂肪酸を固めて作るもので、洗浄成分が水に溶けやすく、最後の方は固く泡立ちにくくなるのが一般的です。

そこで着目したのが蒟蒻に含まれる多糖類。蒟蒻の多糖類は、その中でも強固なゲルを構成するので石鹸としても最適。

ゲル構造の中に洗浄成分を閉じ込め、最後までしっかりと泡立ちます。また、蒟蒻のスクラブは一般的なスクラブとは異なり、お肌を傷つけにくいのも特徴です。

 

この石鹸を扱っている専門店が全国にありますね~。

鎌倉・京都・浅草・横浜・東京・函館・沖縄・神戸・熱海・川崎・小樽

 

お店によって、石鹸の種類が違うのも面白いです。
necoの場合は、期間限定の「薄荷(みんと)」を購入しました。香りがスッキリで夏にぴったりです。

 

また、旅行に行くときはその土地にこの蒟蒻(こんにゃく)石鹸のお店が近くにあるかどうかチェックして、ぜひ購入したい。

 

通販もあるようですね~。
ちょっとした、贈り物にもピッタリかも♪

 

→ http://konnyaku-shabon/

 

蒟蒻(こんにゃく)石鹸の使い方は?

普通の洗顔フォームと使い方は同じです~。

 

①石鹸を手に取り、水などでよく泡立てます。
②泡を転がすようにやさしく洗います。
③水やぬるま湯で、石鹸が残らないように洗い流します。

 

使用後は、顔も手もしっとりします~。

 

スクラブ効果があるようなので、ちょっと気になっていた毛穴も引き締まってくれたらうれしいな(^^♪

 

1か月くらいは余裕で持ちますよ~と店員さんはおっしゃってましたが、どれくらい使えるのかな?

 

またぜひ、リピしたい石鹸です~。

 

蒟蒻(こんにゃく)石鹸の使用上の注意点

ぷにぷにしている蒟蒻(こんにゃく)石鹸ですが、水に浸かりっぱなしになると、溶けやすいようです。

 

浴室に置く場合は、シャワーが当たらない場所に置くようにすること。

 

乾燥する場所に置いておくと、普通の固い石鹸になってしまうそう。もしそうなってしまっても普通に使えるようです。

 

お店では、蒟蒻(こんにゃく)石鹸用のケースも売っていました。それに入れておくのが一番ベストなのかもです。

 

毎日、石鹸を触るとぷにぷに♪洗顔が楽しくなります。顔や手を洗ったあとのしっとり感が病みつきです~。
気になる場合はチェックしてみてくださいね^^