こんにちは!necoです。「コードブルー3」第5話、予告動画を元にいろいろ予想しました~。奏の手術は成功したのか?冴島が倒れた?名取がベッドに?!さて実際のストーリーはどうだったのでしょう?山P演じる藍沢の名言もありました~^^ということで「コードブルー3」第5話あらすじ&ネタバレ&予想の振り返り&感想をお届けします~。

スポンサーリンク

「コードブルー3」第5話あらすじ&ネタバレ

藍沢耕作(山下智久)は天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペと別の患者の急変への対応に夜通し追われ珍しく医局でぐったりしてしまう。

 

そこに藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を腕一杯に抱えて出勤して来た。
妊娠中の冴島はるか(比嘉愛未)が今唯一食べられるのがトマト。藤川は、冴島が他の食べ物は受け付けないのでトマトがないと機嫌が悪い…と愚痴を言ってはいるが幸せそう。
緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、気になる男性に妻がいた場合について白石恵(新垣結衣)に相談。しかし、白石に不倫はいけないと大声で返されてしまい、緋山は相談する相手を間違えたと後悔する。

 

そんな時、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。

 

白石、名取颯馬(有岡大貴)、雪村双葉(馬場ふみか)がヘリに乗り込む。現場に着くと、名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置にあたり、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

 

初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づく。と、次の瞬間、冴島は倒れ込んでしまった。

出典:公式サイト

 

冴島が流産

緋山がすぐに処置室で対応したが、破水してしまい冴島は13周で流産してしまう。

 

緋山は病室で冴島に
「赤ちゃんはダメだった。間に合わなかった。頸管無力症だった。初産だから検診で気づかなかったのは仕方ないと思う。」と告げた。

 

冴島「ありがとう。」

 

緋山「…赤ちゃん、助けられなくてごめん。」

 

冴島「大丈夫、妊娠初期の流産は珍しいことじゃないし、またチャンスはあるから…。」

 

名取の診断ミス

一方、別の病院に受け入れてもらった倉田の容態が急変し翔北救命センターに戻された。倉田の状態を判断した名取は動揺するのだが…。

 

名取が骨盤骨折を見逃したのが原因だった。

 

すぐに緊急手術になったが、名取はその場からいなくなってしまう。
驚く白石に藍沢は「ほっとけ」と言った。

 

倉田は、緊急手術によって助かった。名取は、灰谷と横峯に向かって
「結果大丈夫だったからいいでしょ。俺もいつも通りすればよかったんだよ。次からはそうするよ。」

 

近くで聞いていた白石は
「次はないのよ。私たち医者は次があるけど患者さんは、命を落としたらもう次がないの。」

 

倉田の後悔

2日後、白石は倉田と倉田の妻に、診断ミスがあったことを謝罪した。
倉田の妻は「現場が大変なのはわかっているから」と言ってくれたが、倉田は何も言わない。倉田は自分のことよりも一緒に流された青年の吉崎が意識を戻さない事に心を痛めていた。

 

「白石先生、吉崎は一緒に流されたんだ。この子は目を覚ましますか?」

 

白石が答えられないでいると

「俺が殺した…。水の中で、彼の手を離した。若者の未来を閉ざした…。」

スポンサーリンク

 

藤川は冴島を励まそうとするが言葉が見つからない

藤川が冴島の病室を訪れた。

 

昼食を食べている真っ最中。

 

藤川「美味しそうだな~」

 

冴島「すごく美味しい。ご飯が美味しい。つわりで何食べてもまずかったのに…。

早く、美味しくご飯がたべたいなと思っていた。今は全部美味しい。赤ちゃんいなくなったんだね。ごめんなさい。もっと早くヘリを降りていればよかった。私のせいで赤ちゃんは死んだ。」

と泣きながら自分を責めた。

 

藤川「違う」と言うが、その後言葉が見つからない。

 

エレベーターで一緒になった藍沢に
「はるかの人生ってなんだよ。好きだったやつにも死なれて、子供にも死なれて。何にも言えない。俺、あいつを幸せにしてやれるかな?」とつい本音が出た。

 

倉田の心配

倉田は、吉崎が心配で食事がのどを通らない状態が続いた。

 

緒方が離婚?!

リハビリ中の緒方が転倒しけがをした。緋山は緒方の妻に電話をかけた。

 

しかし、緒方の妻は緒方とは離婚するのでもう連絡はいらないと言う。

 

倉田の問いに答えられない名取

倉田は、その後も食事をとらない。名取は思わず
「「そんなに自分を責めないでください。あの状態で、全員は助けられなくても誰も責めないですよ。」と言う。

 

倉田「確かにそうだ。でも、レスキューの現場に条件のいい時なんてない、言い訳をしようと思えばいくらでもできる。でも、そんな言い訳をする人間に命を預けたいと思うか?俺の仕事はそういう仕事だ。ドクターヘリだってそうでしょ?」

 

名取は、それに答えられなかった。

 

トマトを爆食いしながら…

藤川がつわりで食べられない冴島のために買っておいたトマトを食べていた。
家に持って帰ると冴島が思い出すから持って帰れないと言って、爆食い。

 

それを一つくれと言いながら、
藍沢「お前は毎日悲しみが溢れるこの救命で、皆に明るさをもたらしてる。それはすごいことだ。どんなときでもお前の家庭はきっと明るい。人は幸せになるために結婚するんじゃない。辛い毎日を2人で乗り越えていくために結婚するんだ。俺はそう思う。」

 

冴島が退院

冴島が退院。藤川と一緒に車に乗っていた。
藤川の手には「死胎火葬許可証」

 

冴島は、小さい箱を手に持っていた。

 

藤川「じゃあ、お別れに行こうか。

 

はるか、シアンガス騒ぎの時、目が覚めた時に一番最初になんて言ったか覚えてる?

 

赤ちゃんのことが頭に真っ先に浮かんだって言ったんだよ。

 

俺は、はるかのことしか考えられなかった。子供のことなんて頭からすっかり抜け落ちてた。

 

でも、お前は死にかけたっていうのに、まず最初に子供のことを心配したんだ。俺は、はるかは、すごくいいお母さんだと思う。」

 

「一度家に帰っていい?着替えたい。この子と最後のお出かけだから奇麗にしたい。

私たち家族の大事な思い出にしたい。」

 

藤川は、「そうだな。」と言って車を走らせた。

スポンサーリンク

 

名取が倉田に謝罪

吉崎が意識を取り戻そうになっている。倉田は笑顔に。

 

それを見た名取は
「あの、僕なんです。倉田さんの骨盤骨折見落としたの。すみませんでした。」

 

倉田「ああ、そうか、そうだよな。あの時、俺診てたの君だもんな。」と笑顔に。

 

緋山が緒方の離婚届の証人に

緒方が、緋山に頼み事。

離婚届の証人になって欲しいという。弟子が誰も来なくなったので、頼める人がいないという。

 

緋山は快諾。署名する場所がなかったので、緒方の背中を借りてサインした。

 

緋山「どこがよかったの?奥さん。」

緒方「まず奇麗だったよね。あとは強い。頭も良くて、野心家で、店の経営手腕もピカイチ。あとはそうだな。彼女は最初に俺の料理が美味しいって言ってくれた。だれも見向きもしなかった俺を15年間も信じてくれた。こうなった俺が悪いんだ。」

 

離婚届けを落としてしまった緒方に
「これ出しに行けるの?どうやって出しに行くの?」

 

「心配してくれるの?傷ついた心の方?それとも体の方?」

 

「体の方に決まってるでしょ!」

 

緋山が白石に恋愛相談?!

白石が帰宅すると、部屋が緋山のものが散乱。緋山は、その中で缶ビールを飲んでいる。

 

白石「恋愛相談なら乗るけど」

 

緋山「あんたにはもう聞かない。あんた、結婚したいと思ってる?」

 

白石「思ってるよ。憧れる。誰かと生きる人生って素敵だなって思う。」

 

緋山「意外と響いた。」

 

奏の手術は成功だったのか?

新海「奏ちゃん、両手の麻痺と震えがなければ大丈夫だから。」

 

奏の手は動いた。奏も微笑んだ。藍沢と新海はほっとしたのもつかの間、奏の手が震えだした。

スポンサーリンク

 

ドラマ「コードブルー3」第5話感想・ストーリーの予想結果は?

こちらの記事で、第5話のストーリーを予想しました。

→ http://necochannel.com/archives/1691

 

その1奏の手術は成功したのか?

奏の手術シーンはなかったものの、成功したと思っていましたが手に震えが出ています。
第6話以降は、リハビリがうまくいき、またピアニストとして復活できるのか、それとも…という感じで最終話まで続くのでしょうか。

 

これからも、いろいろな葛藤がありそうです。もう一度手術することになるとか?

 

その2冴島が倒れた!

お腹の子供は、残念ながら流産してしまいました( ;∀;)

 

切ない~。何度もグッと来てしまいましたよ~。

 

藍沢が藤川に言った

またヘリに復活しちゃうんでしょうか?

もしかしたら、最終話までに新しい命を授かるとか?!

 

冴島を幸せにできるか自信がなくなった藤川に言った藍沢の言葉がすごい。

 

人は幸せになるために結婚するんじゃない。辛い毎日を2人で乗り越えていくために結婚するんだ。

 

そして、冴島をさりげなく励ます白石と緋山の3人のシーンにほっこりしました~。

 

その3名取がベッドに?!

第5話の予告動画で、ベッドで横になっているのは、名取か?と予想されていた方もいました~。necoもどんなストーリーになるのかと興味津々でした。

 

ベッドに横になっていたのは名取ではなく、溺れて意識不明になってしまった吉崎でした。

 

第5話は、白石の「患者には次はないの。」や、患者の倉田さんが言った「レスキューの現場に条件のいい時なんてない、言い訳をしようと思えばいくらでもできる。でも、そんな言い訳をする人間に命を預けたいと思うか?俺の仕事はそういう仕事だ。ドクターヘリだってそうでしょ?」という問いかけで、いろいろ考えることが多かった名取。

 

これからは今までと、患者さんに向かう時の姿勢が違ってくると思います。変にクールぶってる名取から脱却かな?

 

neco的には、フェローの灰谷と横峯のやり取りがちょっとツボ。灰谷は横峯のこと好きだよね^^

スポンサーリンク

 

ドラマ「コードブルー3」第5話皆さんの感想

 

 

 

 

 

 

 

▼コードブルー3関連記事▼

 

スポンサーリンク