こんにちは!necoです。楽しみにしている今クールのドラマも終盤に差し掛かっていますね~。ドラマ「ハロー張りネズミ」の第7話はどんなストーリーでしょうか?ゴローと蘭子の仲が進展したんでしょうか?あらすじ&ネタバレ&感想をお届けします~。

スポンサーリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」第7話あらすじ&ネタバレ

ある日、「あかつか探偵事務所」の近所にある八百屋の店員・星野(宇野祥平)が訪ねてくると、ある女性について調べてほしいと調査の依頼をする。その女性は時々、閉店間際にやってきては必ずネギを買って帰るという。「その彼女を調べてどうしたいのか?」と蘭子(深田恭子)が聞くと、「デートに誘いたい」と答える星野。
その女性の写真を見せられたゴロー(瑛太)とグレ(森田剛)は、星野の願いは叶わないと確信するも、かほる(山口智子)は依頼を承諾。カップルを装って調査する方が都合がいいだろうと、ゴローと蘭子を担当に当てる。
ほどなく、調査対象の女性は外資系企業でOLをしている中村七菜子(橋本マナミ)だと判明。また、複数の男性と交際し、デートを繰り返しては身体の関係を持ち、貢がせていることを突き止める。そんな七菜子に苛立ちを覚えるゴローだが、一方の蘭子は……。

出典:公式サイト

ゲスト・橋本マナミさん。外資系企業のOL・中村七菜子役。

予告動画を見ると、貢がせているのには何かワケがありそうです^^
そのワケが楽しみです~^^

 

ゲスト・宇野祥平さん。七菜子をデートに誘いたい八百屋の店員・星野役


出典:https://mdpr.jp/tv/detail/1707574

 

蘭子の分析

朝、下赤塚駅で七菜子を尾行しようとゴローと蘭子が待ち伏せている。

 

蘭子は、訳ありの外資系OLではないかと予想。

そこへ、七菜子が姿を現した。

 

七菜子を見て蘭子は、「着ている服はそんなに高級じゃないんだよなぁ。」と分析。

 

七菜子の行動を調査するゴローと蘭子

七菜子の後をついていくと、蘭子の予想通り外資系のOLだった。 七菜子の昼食時間を確認すると、外食ではなく公園のベンチに一人座り手作り弁当を食べていた。 お弁当の中身は質素で、ネギがたくさん入っている。

 

会社帰り、七菜子は男性と待ち合わせしていた。
男性に鞄を買ってもらった後、OLが憧れる高級フレンチレストラン「ジョエルロブション」でディナー、その後タクシーから降りた二人は、玄関先でキスした後男性の部屋に入って行った。

 

その様子を見ていたゴローは 「80円のネギ売ってる男が相手にされるわけないよな。」

 

それを聞いた蘭子は 「そうかなぁ、彼氏かな?あの人。」

 

その後、七菜子は夜中に家から出てきてタクシーを拾った。 ゴローと蘭子がそれを追いかけた。 七菜子が住んでいたのは、古いアパートだった。

 

蘭子が 「何かありそうですね、彼女。」とつぶやいた。

 

翌日も尾行すると、お昼は公園でお弁当、夜は昨日と違う男性と待ち合わせしていた。

 

昨日と同じような行動をする七菜子。

 

蘭子は、七菜子と男性が入った寿司屋の情報をゴローに話すと
「昨日の店と言い、今日の店と言い、よく知っているよね。行ったことあるの?」 と蘭子に聞いた。

 

蘭子は何も答えない。

 

3日目も夜は同じような行動をする七菜子。 ゴローはかなり苛立っている。

 

そこへ 「もしかして、蘭子?久しぶり。」と男性が声を掛けてきた。

 

ゴローは、気を利かせて蘭子の側を離れた。
男性と蘭子が立ち話をするのが気になるゴロー。

スポンサーリンク

調査結果は?

あかつか探偵事務所でここまでの報告 外資系企業の総務課に勤めるOL。
七菜子は、月曜日から木曜日まで毎日違う男性と会い、装飾品を買ってもらった後高級料理店でディナー、その後一夜を共にしていた。

 

蘭子は 「彼女は、男性からもらった物を一度も身に着けていません。たぶんすぐに売っお金に換えているはずです。」

 

ゴローは、そんな七菜子にムカつき
「ここまで来たら、何人とつきあっているか調べてやる。男の純情をふみにじるビッチなんですよ」と闘志を燃やしている。

 

「星野さんとつきあってるわけじゃないし、星野さんの気持ちはしらないんだもの。いいんじゃないの?違う?」と反論する蘭子。

 

ゴローは、それには答えず 「行ってきまーす」と調査に向かった。後を追う蘭子。

 

蘭子に苛立つゴロー

その二人の様子を、社長とグレは楽しそうに見ていた。

 

金曜日の夜も、誰かと待ち合わせをしている七菜子を尾行しながら、 「昨日のあの人って誰?」と蘭子に詰問するゴロー。

 

「前の仕事でちょっとお世話になってた人です。」

 

「ホステスやってた時の?何、お世話って?」

 

南が、七菜子と知り合ったきっかけは?

「なんでそんなこと聞くんですか?気になるんですか、私のこと?」 とゴローと蘭子が険悪なムードになった時 5人目の男性が現れた。

 

いきなり、ホテルに行こうとする男性のほほを叩き、七菜子はそのまま一人で帰って行った。

 

男性は、なんと南(リリー・フランキー)だった。

 

ゴローと蘭子は、南に七菜子と知り合ったいきさつを聞いた。

 

すると、南はパパ活アプリだという。 七菜子のプロフィールには 「恋人ではなく愛人にしてください」と書いてあった。

 

南は七菜子の事を 「顔は愛人顔してるよ。だけど心は純朴な子なんだよ」と言う。

 

星野に調査報告するゴロー

あかつか探偵事務所で ゴローは、星野に1週間に違う男性5人と会っている事など報告。
七菜子をデートに誘うのはやめたほうがよいとアドバイスした。

 

それに対して星野は
「七菜子さんのことがたくさん知れてよかったです。今のところ土曜と日曜は空いているんですよね。本命の彼氏はいないってことですよね。僕にもチャンスがあるってことですよね。これで心置きなくデートに誘えます。ありがとうございました。」と言って明るく事務所を出て行った。

 

しかし、外に出た星野は、大声で泣いていた。

スポンサーリンク

蘭子は七菜子の謎に納得できず、調査を続行

社長やグレはその様子を見て、ちょっと手心加えて報告してもよかったんじゃないかとゴローに言うが、 「調査した事実を全て報告する、それが探偵の仕事だろ?」と譲らない。

 

それを聞いた蘭子は
「本当に全ての事実でしょうか?お金を持っているはずの七菜子さんが安そうなアパートに住んでいる理由は?高くない服を着ているのは?毎日お弁当を作って節約をしていたのは何で?」

 

 

ゴローは
「貯金でもしてんじゃないの、男どもから巻き上げた金を。」

 

蘭子「私は何か違う事情があるんだと思います。ここは人情とおせっかいがモットーの探偵事務所なんですよね。もっと七菜子さんのこと調べましょうよ。」

 

ゴロー「蘭子さん、自分も同じようなことしてたからそう思うんじゃないの?」

 

社長とグレは、言い過ぎだと言った時、蘭子はゴローをグーで殴って出て行った。

 

七菜子がネギを買いに八百屋へ訪れるが

その夜、星野が務める八百屋に七菜子がネギを買いに来た。

 

七菜子 「あの、何かあったんですか?いつもと違って元気がないから…元気出してくださいね。」

 

星野は、一度七菜子を「あの…」と呼び止めたが、ゴローの話が脳裏をよぎり、 「なんでもないです。」と言ってしまう、 その様子を蘭子は見ていた。

 

七菜子が蘭子に話した内容

その後、七菜子のアパートを訪ね自分が探偵で身辺調査をしていたことを説明、パパ活をしていた理由を尋ねた。

 

「私、田舎に帰るの。実家はネギを作ってる農家なんだけど何年か前に人手と不作が重なって、父が設備投資したのね。だけどすぐ後に身体を壊して借金の返済もできなくなっちゃって。お給料からの仕送りじゃ足りなくて。パパ活でもらった物もすぐにお金に換えてた。

 

パパ活をしてると、結局求められていたのは気持ちじゃなくて身体なんだなって思って。 自分のやってることがいやになっちゃって。

 

だから関係も全部切って、会社も辞めて、実家の農家を手伝う事にしたの。

 

でも、一つだけ心残りがあって…好きになりかけていた人がいてね。 駅前の八百屋のお兄さんなんだけど、いつも働いている時笑顔なの。

 

はじめてあのお店に行ったときうちの地元産のネギをここのが一番って褒めてくれて。

 

あー、いい人だなって思った。いつも行ってあの人の笑顔を見て元気を貰ってた。

 

あの人と話したくて閉店間際に行ってね、ネギを1本だけ買ってね。気づいて欲しかったな~私の気持ちに。」

 

蘭子「わかります。私も気になっている人がいるんですけど、全く鈍感で。困っている人を放っておけない人なんです。だけど女の気持ちは全然わかってくれなくて。」

 

と菜七子と蘭子は意気投合。

 

七菜子「「ネギにも花言葉があるって知ってる?ネギの花言葉は笑顔、それと…」

 

その頃、ゴローと星野は一緒に飲んで、こちらも意気投合していた。

 

ゴローと蘭子仲直り

翌朝、ゴローと蘭子探偵事務所でお互いに誤りは仲直りした。
そして、蘭子は七菜子と話したことをゴローに伝えた。ゴローと蘭子は星野の勤めている八百屋へ急いだ。

 

「星野さん、七菜子さんもあなたのことを好きだったんですよ!」 2人は、星野に七菜子の元へ行くようにアドバイス。

 

蘭子は、 「「ネギの花言葉、笑顔ともう1つあるんですよ。くじけない心、です。」

 

星野が七菜子にプロポーズ

七菜子は実家に戻り、ネギの収穫を手伝っていた。

 

そこへ星野がネギの花束を持って現れた。

 

「あの、七菜子さんのこと、探偵さんに調べて貰ったのは僕です。

 

七菜子さんのこと全部聞きました!僕は金もないし、美味しいレストランも知らないし、仕事は単なる八百屋です。七菜子さんと一緒に歩いていたら笑われるようなこんな顔です。

 

でも、僕はくじけない!ネギのような男ですが、七菜子さんのこと全部何もかも背負わせてください!七菜子さんの笑顔を僕にください!」

 

そう言って差し出された花束を七菜子は受け取り、2人は抱きしめ合う。

 

ゴローと蘭子の仲が進展♪

星野と七菜子を見届けたゴローと蘭子が車に乗り込んだ。

 

ゴロー 「俺、星野さんのこと正直ダサいなって思ってた。けど違ってた。俺の方がずっとバカでダサい男だってこと。」

 

蘭子「私は分かってましたよ。五郎さんがバカでダサくて素敵な人だってこと。」

 

「あの、俺、好きです!蘭子さんの事が全力で全面的に好きです!」

 

「大好き!」 2人は抱きあい、キス。

 

「じゃ、行こっか。この近くのホテル」と言った五郎を蘭子は本気で殴った。

 

 

見逃した場合や、もう一度ハロー張りネズミを視聴するには、U-NEXTがおすすめ♪

 

スポンサーリンク

ドラマ「ハロー張りネズミ」第7話感想

蘭子の洞察力、恐るべし。
人を見た目で判断してはいけませんね~。

 

八百屋に勤める星野と七菜子がハッピーエンドでよかった~。

 

蘭子が大活躍でしたね~。ゴローの嫉妬心もかわいい♪
なんか、ホロっとさせられた第7話でした^^

 

ドラマ「ハロー張りネズミ」第7話皆さんの感想

 

 

▼ハロネズ関連記事▼

 

▼ハロネズ主題歌▼

 

スポンサーリンク