こんにちは!necoです。2017年の9月までは、家置きでCITTA手帳、外出用にバイブルサイズのシステム手帳を使っていました。9月25日から手帳をCITTA手帳一つにして様子を見て約3週間過ぎました。家では快適に使っていますが、外出時に気になることが2点あります。バッグに雑に入れちゃうと、手帳が開いてしまう事が心配。それと手帳にペンホルダーがないよね~ということ。さて解決策は?

スポンサーリンク

CITTA手帳って?

CITTA手帳は、A5サイズです。今までバイブルサイズのシステム手帳を持ち運んでいたので大きく感じますし、ちょっと重いかなというのが本音。でも、どこでもいつでもマンスリー&ウィークリー&わくわくリストを確認できるのはとてもいい感じ♪

 

外出時の問題点。バッグの中でCITTA手帳が開かないように&ペンホルダーがないを解決したい。

さて、バッグの中で手帳が開かないように&ペンホルダーがないを解決するといいな~と思っていました。

手帳カバーを検討していた矢先、日経アソシエ11月号を手帳の特集記事に惹かれて購入しました。

 

 

日経アソシエ11月号のペンケースの付録がいい感じ!

そしたら、ゴムバンド付きのペンケースが付録ではありませんか~!!
早速、CITTA手帳に装着してみました。これが思いがけずいい感じなのです。

 

CITTA手帳のカバーの色とマッチしていいんじゃありませんか?
ゴムバンドの強さもあってる~。これで、バッグの中で手帳が開いちゃう心配もペンホルダーの件も解決!

現在は、黒・赤・青・緑・シャーペン(0.3)をセットしたcoleto1本入れています。
これに、修正テープと付箋(CITTA手帳のウィークリー1日分の幅にぴったりのポストイットの25mm×7.5mmのもの)が入れば完璧?

 

でも、付箋を直接ペンケースに入れるとバラバラになりそう。
ペンケースに入る付箋ケースがあればいいな~。

 

調べてみると、フリスクのケースを改造したという方がいらっしゃいました~。
不器用だけど挑戦してみる価値あり?!

→ http://horirium.blog7.fc2.com/blog-entry-65.html?sp

 

何年か前に、日経アソシエの手帳術特集の時に、付録で付箋ケースがついてきたことがありました。あれがよかったな~。探したけどどうも捨ててしまったみたい。

まずは、CITTA手帳の裏表紙カバー部分に付箋紙を何枚か貼ってみました~。使い心地はどうかな~?

 

 

 

 

 

 

 

 

CITTA手帳の使い方は、CITTA手帳作成者青木千草さんの本でチェック~♪

 

 

 

 

 

▼手帳関連記事▼ 新しい記事が上です~。

 

スポンサーリンク