こんにちは!necoです。さくらレンタルサーバーで運営している記事の少ないブログでSSL化(HTTPS化)を設定中。前回は、SSL化の失敗に備えてブログのバックアップをしました。今日はいよいよSSL化!調べてみるとさくらレンタルサーバーでは、プラグインを使えば簡単にSSL化できるらしい。しかし実際やってみるといろいろとトラブルもありました(;^_^A

スポンサーリンク

SSL化(HTPPS)する手順を確認

①まずは、プラグイン「UpdraftPlus」のインストールと設定→済

②「UpdraftPlus」を使用して、ブログのバックアップ→済

③さくらレンタルサーバーで無料SSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」の設定

④プラグイン「SAKURA RS SSL」を有効化し、WordPressで設定する

 

SSL化(HTTPS)・さくらレンタルサーバーでの設定

さくらレンタルサーバーのコントロールパネルにログインします。

画面左側にメニューが並んでいますが、SSL化のメニューはずっと下の方。「ドメイン設定」のドメインSSL設定をクリックします。

 

ドメイン一覧からSSL化したいドメインの証明書の「登録」をクリックします。

 

SSLサーバー証明書概要の「無料SSLの設定へ進む」をクリックします。

 

「無料SSLを設定する」をクリックします。

 

さくらレンタルサーバー側で設定完了のメールを待ちます^^
今回は15分くらいで届きました~。

 

スポンサーリンク

 

WordPress側の設定

プラグイン「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をインストール

さくらレンタルサーバーでは、WordPressでの設定を自動でしてくれるプラグインを使用すると簡単のよう。

このプラグインはさくらのレンタルサーバをご利用頂いているお客様専用のプラグインです。さくらのレンタルサーバ以外にセットアップされたWordPress上でSSLを有効化すると、サイト閲覧ができなくなります。

プラグインについて
このプラグインはさくらのレンタルサーバ上のWordPressサイトの設定を変更して、常時SSLを簡単に行えるプラグインです。以下の設定が自動的に行われます。
・.htaccessを書き換えて自動的にhttpsのURLへリダイレクトします。
・サイト内の投稿のURLをhttpからhttpsに置換します。
・サイト設定のサイトURLをhttpからhttpsに置換します。
・www付きのドメインを利用している場合のリダイレクトループを防止します。
※プラグインを停止すると上記設定は解除されます。

出典:https://ja.wordpress.org/plugins/sakura-rs-wp-ssl/

 

ということで、こちらのプラグインを使用してみます~。

 

プラグイン「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」をインストールします。

 

WordPressのダッシュボードの「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

キーワード検索に「さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン」と入力しプラグインを検索します。

 

「今すぐインストール」をクリックします。

 

「有効化」をクリックします。

 

プラグインが有効にできない!

これで、次の作業に進もうと思ったら、こんなエラーが!

 

サポートページを見ると、

「重大なエラーを引き起こしたため、プラグインを有効化できませんでした。 
 Fatal error: Arrays are not allowed in class constants in /home/user/www/wordpress/wp-content/plugins/sakura-rs-wp-ssl/modules/model/force-ssl.php on line 32」 
と表示される場合、お使いのPHPバージョンが古い可能性があります。 
本プラグインはPHPバージョン5.6、7.1で動作しますので、サーバコントロールパネルのPHPバージョン選択より、バージョンを切り替えてご使用ください。 
なお、既存プログラムが動作しなくなる可能性がありますので、注意して作業してください。

とのこと(;´д`)トホホ

 

他にもエラーが出る場合もあるようです。エラーが出たらまずこちらのページを確認ですね~^^

【WordPress】常時SSL化プラグイン トラブルシューティング

 

 

プラグインを有効化するためにPHPのバージョンを変更する。

もういちどさくらレンタルサーバーのコントロールパネルにログインします。

左側のメニューから「PHPバージョン選択」をクリックします。

 

PHPのバージョンは、5.4だったので、
①5.6を選択しました。
②「変更」ボタンをクリックします。

 

WordPressに戻りプラグイン「SAKURA RS SSL」を有効化する

 

スポンサーリンク

 

プラグインでSSL化の設定を開始!

WordPressの「設定」→「SAKURA RS SSL」をクリックします。

 

 

よく確認してチェックを付けます

 

 

※さくらレンタルサーバーのコントロールパネルのドメイン/SSL設定で確認できます。

 

 

こちらも、実際にリンクをクリックして表示できるかどうか試してからチェックをつけましょう~。

 

 

内容を確認して「SSL化を有効にする」をクリックします。

 

 

これでできるはずなんですが不思議な現象が起きてます(;^_^A

 

ログインページでは、「保護された通信」

 

サイトを表示させると…https化されているにも関わらず鍵のマークが表示されてない~。

 

これはさくらレンタルサーバーのサポートに確認してみました。
「SAKURA RS SSL」のプラグインはちゃんと動作しているということでほっとしました。

どうも、ブログの中にhttpsに変換されていないURLが混在されている模様。

説明をもう一度確認すると投稿ページは自動的に変換されるとありますが、固定ページの事は書いてないですね~。

表示がおかしくなっているプラグインもあるし。

 

WordPress側のチェックが必要

表示がおかしくなっているブログカード。こちらは「Pz-LinkCard」というプラグインを使用していました。
こちらは、プラグインを更新したら表示は改善されました^^

 

ブログ内のURLが、httpsになっていないものは、Google Chromeのデベロッパーツールのコンソールを使うと一覧で確認できました。
それを一つずつ修正していきます。

 

necoのブログで、修正が必要だったのは

・トップページのタイトル画像のURL

・サイドバーに配置した画像のURL(ウィジェットを使用して画像を配置したものは手動でURLを変更しました。)

・フッターに配置した画像のURL

 

WordPressのテーマで、カスタマイズをしたところもチェックが必要のようです。チェックしたファイルは

  • header.php
  • footer.php
  • functions.php
  • style.css

 

この中で、自分のブログのURLがhttpsになってないところを修正しました。

 

それで、晴れて一つ目のブログのSSL化できました~!!

今度は、エックスサーバーを使用しているこのブログでチャレンジかな~。