こんにちは!necoです。4月から稼働できるようにA5サイズのClipbookのフォーマットをちょこちょこと作成中です。先日お試しにWordで作成したA5サイズのインデックスがわりといい感じだったので、Wordで作成した自作インデックスを公開しま~す。ほんとうはラミネーターを購入して作ろうと思ったのですが、その前に自宅あるものでできないかな~と思ってたら・・・。思いつきました^^A5サイズのシステム手帳やクリップブックでよかったらダウンロードしてお試しください♪

スポンサーリンク

A5サイズのインデックステンプレート使用するのに準備するもの

Wordのソフト

2013バージョンでテンプレートは作成しました。
古いバージョンでも印刷可能です。(2007バージョンで試してみました^^)

 

写真用紙(厚めのもの)A4サイズ

今回necoが使用したのは家にあった写真用紙は、インクジェット用。厚みは0.225mmの光沢紙でした。これは厚みがちょうどいい感じでした。

 

 

使いたい画像はお気に入りの写真、素材集・素材サイトから探しても♪

自分が撮影したお気に入りの写真

自分が撮影した写真でもよいのでは~。いつかはnecoもチャレンジしたいものです^^

 

素材集で探す

necoが個人的に使用しているのは、こちらの画像素材集です。

 

ネットの素材サイトからダウンロードする

※ネットでも無料でダウンロードできる画像素材のサイトがありますので、探してみるのもいいと思います♪

 

necoが公開用のテンプレートに使用した画像は、こちらの画像素材のサイトから無料で画像をダウンロードしました。

→ https://www.ac-illust.com/

※テンプレに使用している画像は商用でも使用できるものですので、このまま印刷してもOKです。

 

穴あけパンチ

A5サイズの6穴もできるタイプがあると便利です。

 

 

A5サイズのインデックスのテンプレートをダウンロードする。

→ こちらをクリックするとダウンロードできます。

解凍してお使いください。

 

 

こんな感じのファイルです。

古いバージョンのWordだと、右側の「テンプレートの使い方」が表示されないようです。

右側に「テンプレートの使い方」が見えない場合は、下記の説明か「テンプレートの使い方.txt」をご覧ください。

 

「A5サイズインデックス」テンプレートの使い方

サンプルの画像を削除します。

 

 

使いたい画像を挿入する。

①挿入タブ

②画像→使いたい画像を選択してくださいネ。

 

文字列の折り返しを前面にする

①画像を選択して、図ツールの「書式」タブ→「前面」にします。

こうすると、画像が文字扱いから図形扱いになりますので、余白に画像を移動できるようになります。

 

 

左上余白ギリギリに合わせるようにして画像を移動

 

 

A5サイズに画像のサイズを整える。

A5サイズ:148mm×210mmを目安にサイズを整えてください。

 

こんな感じ♪

 

 

見出しに文字を入力

使いたい見出し部分でクリックし、文字を入力します。

書体はお好みに変更してOKです^^

使わない見出しはそのままにしておいて、印刷した後カットします。

 

※右側にある説明文は、印刷されないようになっていますので削除しなくても大丈夫です。

 

スポンサーリンク

 

印刷設定はしっかりして印刷

①印刷設定は、必ず「フチなし」に♪

②印刷したい用紙に合わせて用紙の種類は設定を変更してください。

③印刷

 

A5サイズインデックス完成♪

 

 

 

インデックスの周りをカットする

使わない見出しの部分は、カットしてください。

 

 

A5システム手帳6穴間隔で穴をあける

6穴用パンチがあると便利です。

カットして、穴をあけて完成です♪

 

という感じで作成します。

よかったら、お試しくださいませ~。

 

 

★A5サイズのクリップブックに使ってます♪