こんにちは!necoです。今月購入したA5サイズのclipbookをバレットジャーナル用に4月から本格始動するために準備中です。今回は、3月まで記入したバイブルサイズのシステム手帳用のリフィルを保管するシステム手帳用のインデックスをWordで自作しました。手持ちのバイブルサイズの手帳やバインダーに装着した様子を実況中継します^^

スポンサーリンク

バイブルサイズの手帳用インデックスを自作してみた。

使用した用紙はA4写真用紙で作成したA5サイズのインデックスを印刷した余りです~。

今回は、保管用なのでインデックスに使用する背景画像は同じもの。見出し部分をすべて入力してからまとめて6枚印刷し、使わない見出し部分は各々カット。

 

保管用バイブルサイズのバインダーに装着してみた。

セリアで購入したバイブルサイズのバインダー。リング径は20mmくらい??
たくさん挟めます。

開いている感じは「お~!いい感じ~。」と思いました。

 

 

しかし、閉じると見出し部分がバインダーからはみ出ます(;^_^A
※マステは重し代わりです。

 

スポンサーリンク

 

外出用バイブルサイズのシステム手帳に装着。

外出用にしているASHORDのリング径11mmのシステム手帳。
こちらも閉じた状態だと見出し部分がはみ出ます(;^_^A

ちなみに、
こちらの手帳、上部に見出しのあるインデックスを使用していますがそれもこの画像からは見えてませんね~。

 

こちらのシステム手帳のインデックスを作成するとしたら上部に見出しを作ることにします^^

 

 

3月までバレットジャーナル用に使うバイブルサイズのリフィルファイルに装着

リング径は15mm。システム手帳のカバーだとばっかり思ってました。


これリフィルファイル(保管用)だったんですね~。どうりでちょっと書きづらいわけだ~。今さら納得。

4月以降、どのように使うか考え中のもの。

 

 

保管用だけあって、閉じた状態でもインデックスは隠れますね~。
実は上部にも付箋をインデックス代わりにしているのですが、それも隠れています。保管用としてはスグレものだったんですね^^

 

 

結論。

勢いだけで作成したバイブルサイズのシステム手帳用のインデックスのテンプレートですが、上部に見出しのあるタイプが良かったみたい。

最初に付箋でシュミレーションすればよかったな~。

次は、上部に見出しのあるタイプのインデックスを作成したいと思います~。

ただいま、テンプレートはダウンロードできるように準備中です^^

 

 

 

スポンサーリンク