耳に輪ゴムをつけることで、小顔効果があるんだよ~。
昨日、実家に泊まりに行ったとき、妹におしえてもらいました。

 

ズボラな私でもできそう(^^)/ということで、新年、1つ目の目標。

むくんでいる顔におさらば。耳に輪ゴムで小顔(^^♪プロジェクト開始です。

まずはやり方と効果を調べてみました~。

 

スポンサーリンク

 

耳に輪ゴムで小顔に♪やりかた

①輪ゴムを自分の耳に合うようにサイズを調節する。
(輪ゴムが大きい場合は、耳がちょっとだけ
締め付けられる程度の大きさになるよう、結び目を作りるべし。)

②輪ゴムを両方の耳にかけて、5分~10分間放置。

③その後に輪ゴムをはずす。

 

こちらの動画が参考になりました。

 

 

そもそも顔が大きく感じる原因は?

最近、前より顔が大きいと感じたらそれは、顔がむくんでしまっているから。
顔がむくむのは、余分な水分が肌に溜まるかららしい。
(私の場合は、発泡酒かな~(^-^;)

 

それと、もう一つ。
顔には咀嚼するための「咬筋(こうきん)」という筋肉があるのですが
派をくいしばったり、歯ぎしりなどによって硬くなり縮んだりねじれたりします。

 

その影響にとって骨が正しい位置からずれてしまい
その結果顔が大きくなってしまうらしいです。

 

スポンサーリンク

 

 

耳に輪ゴムでなぜ、小顔になるの?

輪ゴムを耳にかけることにより、耳元の筋肉が刺激されて咬筋を緩みます。
それによって咬筋に引っ張られた骨が正しい位置に戻り、小顔になるというのです。
なんか、不思議ですね^^

耳に輪ゴムで、こんなメリットも!?

耳は両手両足までつながる筋肉のスタート地点。
大昔、人間は耳を自由に動かせたという話もあります。

輪ゴムで耳元の血流をいったん止める→開放する。
このことで血液とリンパのめぐりがよくなり方のコリや痛みもやわらぐそう。

妹は、耳に輪ゴムをかけて5分、その後輪ゴムを外すと、
冷たい足もぽかぽかになると言っていました。

 

冷え性の私としては、足がぽかぽかになるというところにも惹かれました~。

 

耳に輪ゴムで小顔と肩こり解消。
そして、足もぽかぽかに(^^♪

今日から、私のルーチンワークの一つです^^