こんにちは!necoです。今回は「父(哀川翔)がVシネマの帝王ならば、私は色んな役をこなせる女優“カメレオンの女王”になりたい」とコメントした福地桃子さんが気になっています。今回は福地桃子さんのプロフィールや芸能界入りを決意したキッカケなど福地桃子さんの情報をお届けします^^

スポンサーリンク

福地桃子さんプロフィール

生年月日 1997年10月26日
出身地 東京
身長 153cm
趣味 映画鑑賞、旅行
特技・資格 バレーボール

 

幼少時代

父は哀川翔さん。
3歳から小学6年まで父のVシネの現場で過ごす時間が多かったそうです。「血まみれだったり入れ墨のペイントを入れる父の姿を見て、当時は楽しそうだなと思っていました」とコメントしています。

 

自宅には、玉置浩二さんが朝5時に自宅に来て、玉置さんの歌声とギターで目を覚ますということもあったそうです。ある意味うらやましい?!

 

芸能界に入りを決意したのは

2014年12月:哀川翔主演のドラマ「借王(シャッキング)」で初親子共演
中学3年生の娘役として出演しています。この時はまだ素人時代。
今まで見たことのなかった父の俳優の姿に感銘を受けたと同時に、「こんなに面白いことをやっていたんだ。もっと勉強したい」との思いがつのったからだそうです。

スポンサーリンク

父とは別の事務所に所属

2016年2月:レプロエンタテインメントに所属。

哀川翔の次女じゃなくて、本名の福地桃子として女優になりたいと、あこがれの新垣結衣さんが所属する事務所へ。

福地家の家訓は、「生きたいように生きろ」だそうで、父哀川翔さんの反応は「いいんじゃない」という感じだったそうです。

2016年10月:「潜入捜査アイドル・刑事(デカ)ダンス」出演

2016年11月:スカッとジャパンに出演

2017年5月10日(水)夜10時放送のフジテレビ「良かれと思って!」に親子出演。

これ以降、バラエティ番組への出演が増加。

2017年8月:2018年公開予定の映画「あまのがわ」に初主演決定!

 

福地桃子さんから見た父は?

「家ではちょっと気が抜けていますね。孫と接する父は怖さゼロ。『ジイジ』ではなく『JJ(ジェイジェイ)』と呼ばせていますよ」

福地桃子さんは5人きょうだいの末っ子。

長姉(32)は女性3人組音楽ユニット、cossamiのMINAMIとして活動。次兄(27)は映画監督、長兄(31)と3番目の兄(20)は一般人。

ということで、お姉さんと父と3人で共演なんてことも、あるかもですね^^

 

2017年8月:2018年公開予定の映画「あまのがわ」に初主演決定!

この1年で、20回もオーディションを受けていたが、落ち続けていた福地桃子さん。

 

5月に行われた、この映画のオーディションを受け、100人の中から選出されたそう^^

 

この映画の古新舜監督は、「表現力が豊かでオーラがすごかった」と福地桃子さんを抜擢。

 

福地桃子さんは

「これをスタート地点、はじめの一歩として歩み始めていきたい。今は不安が大きいですが、逆に新しい発見があると思うので役と一緒に成長していきたい」とおっしゃっています~。

 

 

映画の舞台は、屋久島。祭りの太鼓奏者だったヒロインの成長の物語。
11月から、屋久島、種子島など鹿児島県内でクランクインの予定だそうです。

 

ポストガッキーになれるか?これからの活躍に期待します~。

 

※2017年8月12日追記しました。