こんにちは!necoです。「小さな巨人」第4話、まさかの展開になってきました。そして香坂と山田のコンビも息がぴったりになって来ましたね~。第4話は、今まで謎だったアリサの事も明らかになりました。まだまだ謎だらけですが「小さな巨人」第4話のあらすじ&ネタバレそしてこれからのストーリーの伏線予想などもお届けします~。

スポンサーリンク

小さな巨人第4話あらすじ&ネタバレ

 

小さな巨人第1話あらすじ&ネタバレ&伏線予想

小さな巨人第2話井沢は誰の身代わり?伏線予想&感想まとめ

小さな巨人第3話香坂が左遷された理由が!

小野田が中田と内通している証拠を掴むには?

山田は、所轄に一課長の行動記録を見せる。そして、ゴーンバンク社は系列会社の多くが警察幹部OBの天下り先になっていること、そこに小野田一課長がからんでいる可能性が高い事。
1年前、小野田一課長がゴーンバンク社の懇親会出席したことから中田和正社長と繋がりがあると言う。

 

その時に中田隆一、ロンドン・リバー証券に勤めていた事のある山本アリサとも会っていた。

 

そこからインサイダー取引につながっているのではないかと。

 

捜査二課も小野田一課長がインサイダー取引に関わっている疑いがあるとして動いていると。

 

その事から、山田は「小野田一課長の奥さんを調べてみる」と言い出す。

 

香坂「「お前は捜査一課長を目指しているんだろ。お前がやろうとしていることは、上司への造反行為だ。出世から遠ざかることになるぞ。」

 

山田「判ってますよ。僕がやろうとしていることは許されることではありません。ですが、捜査一課長は警視庁の顔なんです。不正を働くなど絶対にあってはならない!」

 

香坂「ああ、捜査一課長と中田が内通していると言う確証を絶対に掴もう!」

 

山田「ただ、1年前のパーティ以降、表立って中田の関係者と接触していることはありません。考えられるとすれば、プライベートだけです。」

小野田が中田と内通している証拠を掴むには?

 

香坂「一つだけ方法があります。こちらも同じように情報を流すんです。逆インサイダー取引だ。」

香坂は、小野田一課長を追っている枚超新聞社の記者佐川に情報を流した。

翌朝、
「ゴーンバンク社中田和正社長が、息子の殺人を隠蔽した疑い」と大きく報道され大騒ぎに。

 

警察内部からのリークだということが分かれば、中田和正は必ず小野田捜査一課長に連絡を取ってくる。

 

事態の収拾を図ろうとするところを抑えるのが目的だと香坂は、渡部久志(安田顕)と中村俊哉(流星涼)に話しました。これがバレれば、香坂は「懲戒処分」。それを覚悟の上だった。それを聞いた所轄の刑事たちは一致団結。

 

香坂は、中田和正と隆一の行動を見張ってほしいと刑事全員に指示。

 

 

柳沢検察官のねらいは?

小野田一課長は柳沢監察官に、記者の佐川は情報の出どころを明かさなかったが、警察内部から情報を得た可能性があると報告する。

三島は、小野田一課長から「柳沢検察官は、捜査二課といっしょに何かをお探りの様だが?」と問われ返答に窮する。

 

内通者は小野田一課長か?!

香坂は三笠署長に「情報を流したのは自分です」と謝罪する。

「内通者をあぶりだすためです。たぶん内通者は小野田一課長。」

 

三笠署長は
「そこまでの覚悟があるのなら、徹底してやれ。99%疑いがあっても100%の確証がないと意味がない。必ず小野田のしっぽを掴むんだ。」

 

小野田一課長に中田和正から連絡が入った。小野田一課長は夜の予定をキャンセルして「19時に神楽坂の料亭・みやびに行く。

これはプライベートだから記録する必要はない」と山田に告げる。

 

山田は、このことを香坂へメール。

 

中田和正が息子隆一をおとりにして、報道陣をまいて外出。その後を追う渡部と中村。

 

香坂は、料亭で小野田が予約した部屋の隣室で録音準備をしながら待っていた。
小野田一課長が部屋に到着。

 

中田和正も来店するが、予約していた部屋の前まで来ながらメールを見て「場所を間違ったようだ」と言って帰っていった。

 

その直後、小野田一課長は香坂がいる部屋のふすまを開けた。
「おや、香坂じゃないか。奇遇だな。誰かと待ち合わせか?しかし、待ち人来たらずってところか。」

 

香坂「一課長こそ、こちらで何を?」

 

小野田「人と会う予定だったが、帰ってもらった。もっと部下を鍛えるんだな。香坂。あんなヘタな見張りでは犯人に気付かれるぞ。

 

さて、お前の真意を聞こうか。いったい何をしようとしている。返答次第では、ただでは済まさん、こたえろ、香坂!」

 

香坂「私も、一課長の真意をお聞きたいと思っておりました。」

 

「特に、山本アリサが姿を消した件、あきらかに情報が漏れていたと。内通者がいると思われます。」

 

小野田「それが私だということか?言ってみろ、香坂。」

 

そこに山田が現れる。
小野田「私が内通者だと言うなら、証拠を用意しろ。それができなければ、覚悟をしておけ」と言って部屋を出て行った。

 

帰り際山田は、香坂に「小野田の妻の口座に通常の株取引の形跡はあったが、インサイダー取引の証拠はなかった。それでも捜査二課が動いているので何かあるとは思うのですが。」と言う。

スポンサーリンク

 

小野田は香坂と山田が繋がっていることに気づいている

小野田は山田と香坂がつながっていることに気づいている様子。
山田に「記者に情報を流したのは香坂だ。しかしどうして香坂が私があそこに行くことを知ったんだろうな~。」と言う。

 

捜査一課の藤倉も香坂の動向を知っている

藤倉「芝署の動きがおかしいから調べてみたら、一課長を追ってるじゃないか!そんな暇があったら犯人を追え!」

香坂「そのつもりだったんだけどな。私は負けたんだよ。」

藤倉「まさか、情報を流したのはおまえか?バレたら懲戒免職だぞ!」

所轄の完全な敗北だった。

 

負けたままでは終われない

家に帰った香坂は妻に
「すまん。警察を辞めることになるかもしれない」と告げる。

「いいんじゃない?今まで頑張ってるの知ってるし。」と言う。

「負けたままでは終われない、最後まであがいてやる」と気持ちを持ち直す。

 

翌朝、香坂は所轄の刑事たちに
「引き続き中田親子の監視を続けて欲しい。情報を流したもう一つの狙いは、山本アリサをおびき出すためだ。

 

アリサは堂々と隆一のアリバイを証言している。隆一に殺人の容疑かかっていることを知らなかったはずだ。

 

でも今回の事で気づいたはず。アリバイの偽証を頼まれた理由、そして自分の立場も危うい事や何も知らずに殺人の手助けをしてしまった事。何らかの方法でアリサは中田隆一に接触してくるはずだ。」

 

一課長が山田をクビにしない理由とは?

山田は、小野田一課長が自分と香坂が手を組んでいるのに気づいていながら、自分をなぜクビにしないのか疑問に思っていた。

スポンサーリンク

アリサが現れる。

香坂は「なぜ、山本アリサは失敗してしまったのか?」と山田に訊く。
山田「Aiを使用した監視カメラシステムを開発していた会社に、山本アリサは犯罪が減る未来を応援すると投資していた。だが、開発の成功には至らず、顧客は大損害をこうむった。その責任を負って辞めさせられた。そのアリサが今回、犯罪の片棒を担がされた。皮肉なもんですね。」

 

山本アリサと中村隆一が現れた。隆一はアリサを車に乗せ
「お前は、すでに犯罪者だ。あんまり俺に、変な気を起こさせるな」と言う。

 

アリサを車から降ろし、隆一は帰っていった。

 

そこへ香坂と山田が現れ
「あなたは全ての罪をなすりつけられますよ。」とアリサに告げる。

 

「世の中に入るんです。自分の身を守るためには、どんな卑劣な手でも使う人間が。

 

自首していただけませんか?我々は、ここに来なかったことにします。自首すれば、最低限の刑罰で済みます。

今なら、あなたは正当な処罰を受けるチャンスがあります。今のまま、あの男の言いなりになっていては、それすらも奪われてしまいますよ」と言って名刺を渡す。

 

内通者は三笠署長!?

香坂が署に戻って間もなく、アリサから自首するという連絡が入った。
香坂「では、こちらも手配します」とアリサに告げる。

 

そして香坂は、捜査本部に
「明日の朝、アリサが出頭します。今度こそ、隆一を逮捕できるはずです」と報告。
三笠署長は「そうか」と喜んでいる。小野田一課長は渋い顔で聞いていた。

 

中田隆一は、小野田に「あの女から自首するとメールがあった。権力でもなんでも使って止めてくださいよ」と泣きつく。

 

小野田一課長は、通りがかった警察官に車を手配させた。

 

アリサの潜伏場所に香坂と山田が待っていた。
内通者が現れるはず。

 

そこへ訪れたのは三笠署長。
香坂「どうしてこんなことろにいらっしゃるんですか?」

 

実は、山本アリサは香坂に連絡した後、すぐに警察に連れてきていたのだった。
中田隆一へのメールは警察から打ってもらい、その後捜査本部に報告したのだった。

 

三笠署長「香坂は、小野田が内通者と言っていたな。」

 

香坂「小野田一課長は、料亭で堂々と目の前に姿を現した。中田親子とのつながりを知られたくなかったら、そんなことはできないんです。

 

内通者はあなたなんですね。」

 

三笠署長「証拠なんだ?動機は?私が内通者だというのなら、100%の証拠を出してみろ。」と言う。

 

香坂「あなたは100%クロです。証拠は私の勘です。」

 

三笠署長「謝罪しろ!誠心誠意地べたに這いつくばって謝罪しろ!!」と逆上。

 

香坂「あなたはもはや、敵だ。99%を必ず100%にして見せる。あなたを絶対ゆるさない。そのために真相を突き止めて見せる」と宣言する。

 

 

三笠署長「お前たちは、何もできんよ。この私を敵に回すということは、警察組織全体を敵に回すことなんだだ。しょせんお前たちのしていることは、お前たち自身を否定することになる。結局、お前たちゼロなんだよ」と言って立ち去る。

 

柳沢検察官の企み?小野田一課長の企み?

柳沢検察官が小野田一課長に
「情報漏洩のことについて、詳しい話を聞こうと思いまして」と言う。

 

小野田一課長「香坂の事ですか?」

 

山本アリサが署か疲れ警視庁へ連行される

香坂が署に戻ると、捜査一課が山本アリサの身柄を警視庁に連行していた。

 

「小さな巨人」第4話感想と伏線予想

あれれ~?前回小野田一課長が内通者ってことじゃなかったの?私がスッキリした一件はまた逆戻りでもやもやに戻ってしまいました。

小野田のスマホに連絡してきたのは誰?

小野田一課長と中田和正が面会を止めた件。

藤倉?(香坂と藤倉の会話でそうかな~と勘繰っちゃいました(^-^;)

そもそも、連絡来てない。所轄の張り込みに気づき、中田和正に「面会を止める」とメールしただけ?

 

香坂が「アリサが明日自首します」と報告した後、小野田一課長はどこに行ったのか?

アリサの潜伏先に現れたのは、三笠署長でしたが、小野田一課長の行先は?

三笠署長と小野田一課長は裏では犬猿の仲ですが、実は手を組んでいる?

 

それとも、実は小野田一課長は味方?

今は味方のように見える山田。後々は敵になる?

あくまでのnecoの勘です(^-^;

necoの予想としては、三笠署長の悪を100%の確証を掴んで、香坂は警視庁に戻るのではと予想しています。

 

敵は味方のふりをする。

このキャッチフレーズからいろいろ勘繰っちゃいますね^^

 

このドラマの主要人物である三島(芳根京子)が、今まで出番が少なすぎる~。

第5話で芝署篇が完結するようなので、第6話以降警視庁編でキーマンになりそうな予感。

 

 

▼「小さな巨人」主題歌情報▼
初回限定盤

【収録予定内容】
M1. ノンフィクション
M2. ノンフィクション-less vocal-

特典として、
2017 Special Live!! 「THE STILL LIFE」から最新LIVE音源を約10曲収録!!

通常盤

 

▼ドラマ「小さな巨人」関連本▼

 

 

▼ドラマ「小さな巨人」関連記事▼

 

スポンサーリンク