こんにちは!necoです。ドラマ「監獄のお姫さま」も第7話。第7話では、女優こと洋子(坂井真紀)の過去が明らかになります。そして、エドミルク社長室に向かった先生(満島ひかり)は、尋問されどう答えたのか?「監獄のお姫さま」第7話のあらすじ&感想&結末への伏線予想をご紹介します~。

スポンサーリンク

ドラマ「監獄のお姫さま」第7話あらすじ&ネタバレあり。

先生がEDOミルク社長室で話したことは本当なのか?

エドミルク社長室では、若井 (満島ひかり) が刑事の 池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は…。

先生(満島ひかり)が話し始める。
姫が刑務所の中で派閥を作り、4人の熟女軍団を下部にした。その4人の下部がみんな有能なことになっている。
そして、自分がEDOミルクに秘書として入社したのは、板橋吾郎から「自分を守ってくれ」と頼まれたからだと言う。

 

馬場カヨたちが、様子見のためにEDOミルク社長室に電話したものにも応対し、馬場カヨたちを罵倒した~。
すっかり信じた晴海たち。馬場カヨたちは、混乱。

 

2014年、馬場カヨと長谷川は交際開始♪

2014年。
自立と再生の女子刑務所に 長谷川 (塚本高史) がタキシード姿で、カヨ (小泉今日子) の面会にやってきた。獄中結婚を前提とした獄中交際を申し込む長谷川に、動揺を隠し切れずドキドキするカヨ…。

「カヨ」「ノブリン」と呼び合って交際はスタートした。

 

吾郎捕獲作戦はとんちんかんな計画ばかり

一方雑居房では、カヨ達の吾郎捕獲作戦会議を始めるが、おばさんたちの妄想トークが広がるばかりで中々具体的な実行計画まで進まない。
所内生活でも時間を見つければ、どうやって復讐をするかの話し合いをする。しかし、その内容は落とし穴を掘るなど、とんちんかんな計画ばかり。しのぶはスタンガンでバチバチする!という提案を出した。

そこへ、先生が雑居房の目面々に声をかける。もしかして実行計画の話を先生に聞かれていた?

 

実行されたのはしのぶがスタンガンでバチバチする!そのアイデアだけだった。

その事実を知った板橋吾郎は愕然する。

 

女優が刑期終了

吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ (夏帆)・洋子 (坂井真紀)・明美 (森下愛子)・千夏 (菅野美穂) たちは猛勉強を始める。

ある日、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催され、カヨと千夏ペアがバドミントンで優勝、卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿) とオバケ (あびる優) ペアと対決する。そんな中、刑務官の北見 (河井青葉) から洋子の刑期終了を突然伝えられ…。

女優が刑期終了で刑務所から出ようとするところでに財テクが声をかけた。

「クリスマス空けといてね。一緒に掘ろう、穴!」と言って財テクが運転するショベルカーと指切りげんまんをした。

 

女優の刑期7年。その理由は?

2017年。
アジトでは、洋子が吾郎に自分の服役した理由から刑期満了までの話を語り出す。洋子の過去はあまり語られたことがなく、吾郎と共に耳を傾けるカヨたち。
実は同室で一番古株だったという洋子が犯した罪とは… !?

俳優の「大洋泉」の追っかけで全公演のチケット・交通費・ホテル代など月100万以上使っていた。当然お金が足りない。

 

そのため、婚活サイトで知り合ったお金持ちたちから、お金を借りまくったという。
いつかは返すつもりだったというが・・・。

 

そうこうしているうちに、大洋泉と共演者の女優とのお泊りが報道された。それに動揺した女優は大洋泉のもとに押し掛けた。その後、女優はストーカー規制法で任意連行される。
その、取り調べを受ける中で、過去の罪が芋づる式に明るみになり、逮捕され刑期7年半となった。

 

スポンサーリンク

 

刑期を終えた女優は大洋泉と再会するが

刑期を終えた女優は、だまし取った金を親が肩代わりしていたこともあり、実家に帰れない。更正保護施設に入居しまじめに暮らしていた。その中で、大洋泉がまだ現役で地味に活動していることを知った女優は、大洋泉の公演へ行ってみた。しかし、女優はもう大洋泉に何も惹かれなかった。そこで自分は、刑務所の生活の中で自分が変化したことに気づいた。

 

それでも、大洋泉の出待ちをして、一緒に飲みに行ったという。その中ですっかり打ち解けた二人。女優は刑務所の中の話をネタに打ち解けたという。

 

姉御は、「お役に立てて光栄です。」と言った。

 

「私たち普通に出会っていたら、いい友達になれたかもとも思ったんですけど。」
大洋泉は、女優に迫ってきたという。「ろくなもんじゃね~」と泣きながら逃げ出した女優。

 

もういいかげん実家に戻ろうと思った時に、「恋神」のドラマの撮影現場で、撮影を手伝ってほしいと言われなんと「恋神」に出演~。

その映像をタイミングよく見た姫が一言。
「女優は本当に女優になったんだ。」

 

姫が、吾郎が「高所恐怖症」だと思い出す。

その後、刑務所では板橋吾郎にどうやって自白させるかが話し合われていた。
姫は、吾郎が高所恐怖症であることを思い出した。吾郎は自分からパラセイリングを予約。直前になって姫に自分は高所恐怖症だから恥ずかしいから一人ずつ乗ろうと提案。パラセイリングは姫一人で飛ぶ羽目になったのだった。

そして、パラセイリングをする船にはユキを殺害した実行犯のプリンスが同乗していた。
姫がパラセイリングをしている間、吾郎とプリンスは二人きり・・・。

その晩、殺人事件が起こったのだった。

 

復讐ノートが先生の手に

そのことをメモしようとした時に、先生が馬場カヨたちのところにやってきた。
慌てた馬場カヨはノートを隠そうとして、道具類を床に落としてしまう。
馬場カヨの復讐ノートは、拾われなかった。

 

その晩、先生は馬場カヨの復讐ノートを見つけコピーを取っていた。

その頃、馬場カヨは姫がパラセイリングをしていた時の事をメモしようとノートを探すが見つからない!大騒ぎに!!

 

スポンサーリンク

2017年12月24日財テクが吾郎にハニートラップを仕掛ける?

馬場カヨたちは、夜食を買いに出かけ、アジトには財テクと吾郎の二人だけ。

財テクが「報酬はいくら、プリンスに支払ったの?」と問い詰めていた。
ハニートラップだと気づきながらも財テクに「昼間の事はわりと本気だったんだけどな~。」と言い誘惑を仕掛ける吾郎。

 

馬場カヨたちは、ニュースを見て動揺。

夜食を買いに外出していた馬場カヨたち。
ニュースで、板橋ごる誘拐の容疑者たちのニックネームが判明したと報道されているのを見た。

「姉御、財テク、女優、冷麺・・・。」
馬場カヨは「冷麺じゃない!」と叫ぶ。

動揺する面々。
長谷川は、先生が最初から板橋吾郎とグルで、実は潜入秘書なのではと言い出す。

アジトに戻ろうとするが、財テクがハニートラップを仕掛けている真っ最中。
戻りたくても戻れない。4人は立ち尽くしていた。

 

馬場カヨは「誰も信じられない。」とつぶやいた。

 

財テクのハニートラップは?

アジトでは、吾郎が財テクに「君だけに本当のことを話すから結束バンドを切ってくれ」と言う。

財テクは、結束バンドを切ろうとしていた。

 

晴海VS先生

EDOミルク社長室では、吾郎の妻の晴海が先生に「自分だけには本当のことを話して、吾郎さんのいる場所に連れて行ってほしい」と訴えた。

 

スポンサーリンク

ドラマ「監獄のお姫さま」第7話感想&伏線

先生(満島ひかり)は、エドミルク社長室で、どう言い訳する?もしかして、現在の状況を言ってしまう?

第7話を視聴して。
板橋吾郎に頼まれて潜入秘書になったと言い出す先生。
これはどこまで事実なのか?

 

馬場カヨたちの味方なのか?敵なのか?わからなくなってきました~。

 

先生がこのおばさん軍団に入った?or招集した?理由が明らかになる?

この部分は第7話では明らかになりませんでした。まだ謎だらけですね~。
8話に期待します~。

女優(坂井真紀)の過去が第7話で明らかに

刑務所では、一番の古株だったんですね~。

ちょっと切ないエピソード。
でも2.5次元の世界から、脱却できてよかったんじゃないかな~と思いました。

まさか、「恋神」のドラマがここで絡んでくるとは~!!
女優を神様が応援しているような「恋神」好きの女優にはぴったりのエピソードでした~。

財テク(菅野美穂)だけに板橋吾郎が真実を語るのか?

お互いにハニートラップをかけあっていますね~(^-^;

第7話では「真実」にはたどり着かず。これも8話に期待です~。
あり得ないタイミングで晴海がアジトに現れたらどうする?!と心配してしまった。

 

「監獄のお姫さま」第1話から最新話まで見るなら U-NEXTがおススメです♪

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「監獄のお姫様」第7話皆さんの感想やストーリー予想

先生の目的が謎。

わるウーマンって!それぞれのキャラがいい♪いろんな意味で怖い

 

 

雑居房の同居人リンが、プリンスの情報を入手する?

 

 

新たな疑惑でこの先が楽しみ。

 

 

▼監獄のお姫さま関連記事▼

 

スポンサーリンク