こんにちは!necoです。ドラマ「監獄のお姫様」も第9話になってしまいました~。最終回のストーリー結末がどんなふうになるのかとても興味津々。さて、今回も「監獄のお姫様」第9話のあらすじ&ネタバレ&結末に向けての伏線予想と感想などをお送りします。

スポンサーリンク

ドラマ「監獄のお姫さま」第9話あらすじ&ネタバレ

出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

 

手紙を読んだ民世は吾郎に手紙の件を相談。そのため、吾郎ひとりが姫に面会にやってきた。

民世も手紙を持って、刑務所の所長に相談。先生も所長室に呼ばれる。話を聞く中で、「しのぶのことは考えないことにした。」民世が言ったことで、先生はすべてこの母親が悪いと叫んだ。
そして、「お節介は止められないので刑務官を辞めてやる!」と言って所長室から出て行った。

吾郎と面会を終えた姫は先生に向かい「やっぱり私犯人です。」と言い出した。

 

 

2015年11月、カヨは自立と再生の女子刑務所を出所した。
絶対に来ると言っていた長谷川の迎えはなかった。
すぐに元夫・武彦と会い、息子・公太郎の様子を聞くカヨだったが、武彦から会うことを拒まれてしまう。
更生保護施設で一年を過ごし、カヨは悠里が店長をしている美容院に就職することが出来た。

 

2017年1月

馬場カヨは、頻繁にメールチェックしている誰からも連絡はない。
そんなある日、立ち寄ったお総菜売り場におばけがいた。そこからお惣菜を購入した馬場カヨにローストビーフをこっそり忍ばせてくれた。

馬場カヨはそのローストビーフを持って公太郎に会いに行った。

2017年4月

ある日、カヨの働く美容室に、突然ふたばが来店した。「角刈り」にしてほしいという。カットが終わった後、何も言わずに去って行くふたば・・・だが、その後には“復讐ノート”が落ちていた・・・。

先生は財テク、女優、姉御にも手裏剣を持って会いに行っていた。
手裏剣には集合場所が書かれていた。

馬場カヨがその場所に行くとすでに3人が集まっていた。

復讐ノートは先生によって、シナリオが書き直されていたのだった。そして先生は板橋吾郎の秘書として働き始めた。

馬場カヨにメールが来なかった理由もわかった。
馬場カヨがメールアドレスを「bakakayo」で登録していたからだった。

姉御は、具合が悪くて入院している組長とよりを戻し、その後組長はなくなった。組長の遺言書には20億円を姉御に譲渡するよう書かれていた。

馬場カヨは、3人に
「復讐、ほんとうにやります?やめます?捕まったら今度は長いですよ」と3人に尋ねた。

財テクが
「姫のためじゃない。自分のためにやる。それがお節介でしょ。」

 

女優が
「反省はした。けど後悔したくない。」

 

その後、
財テク、姉御がそれぞれ板橋吾郎と近づく。

 

スポンサーリンク

 

2017年12月25日アジトではプレ裁判が開廷。

ニュースでは、先生や財テクがこの誘拐事件にかかわっていると報じられている。

2012年1月

爆笑ヨーグルト姫事件で、証拠になっているのは
メールの履歴、プリンスの供述、音声レコーダーの音声データ。

法廷では、28通やり取りしているメールで殺人の指示をしている、音声データにはプリンスと会話しているしのぶ。そのなかで「殺せ、殺せ」と言っている。

しのぶは、酔っ払っていてプリンスとの会話を覚えていなかった。

 

先生が板橋吾郎に
「タイに送金している理由は?」

板橋吾郎は
「タイに学校を作る一環だ。」

晴海が
「私も言っていいですか?吾郎さんは、しのぶ(姫)に勇介を一緒に育ててほしいと言われたと言っていました。それで私はママになる決心がついたの。でも、うそだったてことよね。」

板橋吾郎は
「刑務所だぞ。あの子が生まれたの。EDOミルクのあととりだぞ。」

馬場カヨがつかさず
「そうなったのは誰のせい?姫が勇介と暮らせないのは誰のせい?答えて!」

板橋吾郎は開き直って
「誰も証明できないでしょ?しのぶは刑務所の中。プリンスはタイの監獄。ユキはなくなっている。」

2011年11月1日
ユキと吾郎が会っている。

ユキ
「私を呼び出したのはあなたでしょ。しのぶになりすまして私を呼び出したんでしょ。だから来たの。」

板橋吾郎
「違うんだ。嫉妬深いんだ。しのぶは。もう終わってるのに。」

ユキ
「終わってないよね。さんざんな扱いよね~。それとも殺すつもりで呼んだの?使える女は丁重に扱うんじゃなかったの?

じゃぁ、別れましょ。あんたのためにいろいろやってきた。それであなたは社長になるのね。夢がかなってよかったね。ちび社長。」

板橋吾郎
「もうやめてくれ。思い出したくない。晴海、もうわかっただろう。俺はお前が思うような立派な人間じゃない。とっとと帰ってくれ。勇介のところに。」

先生
「罪を認めるんですね?」

板橋吾郎
「私が何で?証拠がないんだよ。認めないよ、私は。」

長谷川が突然、
「のぶりんわかっちゃたんですよね~。沖縄行っていいですか?」
と行って出て行った。

そこにリンがタイからプリンスを連れてやって来た!

 

「監獄のお姫さま」第1話から最新話まで見るなら U-NEXTがおススメです♪

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「監獄のお姫さま」第9話感想

先生が「復讐ノート」を馬場カヨに渡した理由は?

予告動画を見ると、先生が、突然馬場カヨの美容室に現れ、復讐ノートを渡したこと。

第8話で「好きだからもう2度と会いたくない。」と馬場カヨに言っていたのに、馬場カヨに会いに来た理由は?

 

復讐ノートの内容を添削したものを馬場カヨに渡した先生。復讐ノートの中には手裏剣。その裏にはアジトへの地図。
姫の母親の一言「しのぶのことは考えないことにした。」が起爆剤になってこの計画を実行することを手伝うことにした先生。

 

一時は、板橋吾郎とグルなの?という予想がはっきりと覆されました~(^^♪

 

 爆笑ヨーグルト姫事件の新事実とは?

爆笑ヨーグルト姫事件の新事実ってもしかして、「姫」が犯人?

姫が、先生に向かって言っている「先生、やっぱり私犯人です。」と言っているー!!

 

第9話を実際見て思ったのは、板橋吾郎が一人で面会に来て「洗脳」された?という感じがしました~。

実質、自分が犯人であると認めたような板橋吾郎。でも証拠がないと認めないと言い放つ。最終回では、自分が犯人と認めるのか?

現在の妻、晴海はいい人だ~。それだけにちょっとかわいそうな気もします。

 

第9話では、いろいろな小道具のなぞも解けてちょっとスッキリ♪

スマホケースは、人数分女優が準備したものだった~。

ネイルは、馬場カヨがみんなにしてあげてた~。

先生がメンバーに渡した手裏剣の色も、ぴったり同じだし~!

1話で、馬場カヨからクリスマスケーキをもらうシーンで、公太郎がもらったローストビーフを全部食べるの大変だったと言ってた気がする。
これのことだったんだー!!

 

ドラマ「監獄のお姫さま」第9話皆さんの感想

 

 

 

▼監獄のお姫さま関連記事▼

 

スポンサーリンク