こんにちは!necoです。2017年4月からのドラマで気になっているのが、「100万円の女たち」
主演の野田洋次郎さんの演技力って実際のところどうなんだろうと思いませんか?
ミュージシャンとしては、昨年「君の名は。」の主題歌で大ブレークしていますが、2015年6月に公開された映画「トイレのピエタ」初主演をされています。
そして、日本アカデミー賞の新人賞も受賞しています。野田洋次郎さんの「トイレのピエタ」での演技をちょこっと振り返ってみましょう~。

 

スポンサーリンク

野田洋次郎さんの「トイレのピエタ」演技の様子

この予告を見ただけでも、自然体で

あらすじは、美大を卒業したが、フリーターとして毎日をただ過ごしている青年・園田宏。しかし、彼は突然倒れ医者から胃がんで余命3か月であることを告げられる。ひょんなことから知り合った女子高生、真衣は「今から一緒に死んじゃおうか?」と園田宏に語りかける。

余命3か月を宣告された宏(野田洋次郎)は、出会ったばかりの女子高生・真衣(杉咲花)にすぐに死のうかと言われるものの、死ぬことはできなかった。美術大学を卒業後、窓を拭くアルバイトをしながら何となく生きてきた宏だったが、死を目前にしながら純粋な真衣に惹(ひ)かれていく。

 

「トイレのピエタ」野田洋次郎さんの演技の評判はどうだった?

・『トイレのピエタ』、こんなにいい映画だって知らなかった。RADWIMPSをよく知らない私は、この映画で初めて野田さんを知ったけど、彼も杉咲花ちゃんも演技良かったなぁ。

・『トイレのピエタ』油断してた。ツボど真ん中。語り過ぎない脚本も間も映像と色彩のリズムも音楽の使い方も大好物。しかもRADWIMPS野田洋次郎と杉咲花が抜群にキュート。終盤のじっくりとした描写でも足りぬ程いつまでも見ていたいと思えた。

・『トイレのピエタ』 洋次郎さん演技うまい。ドキドキしちゃうシーンでは驚きと嬉しいやら恥ずかしいやら動揺しまくりでした。 カメラワークは気になったけど、中身はとっても良かったです。

・『トイレのピエタ』を観た。主役が役者では無いのだけど、想像する不自然さなど心配は不要。彼じゃ無ければ成立しない映画のように思う。理想や綺麗事では無い、身近に感じる登場人物だけに胸に刺さるシーンがいくつかあり、良作だと感じた。

・うあー。 トイレのピエタの余韻がやばい。 もっかいみたい。

という事で、「100万円の女たち」のドラマでの演技も期待大ですね~。

 

「100万円の女たち」のあらすじか気になる場合はこちらの記事もどうぞ~。

 

スポンサーリンク

 

「トイレのピエタ」を無料で見る方法発見!

私も、この映画を見てみたいと思い調べてみました~。そしたらU-NEXTで無料で見れますよ~。気になる方は、U-NEXTは1か月間は無料で視聴できますのでこの機会に試してみるといいと思います^^私もU-NEXTで見てみます(^^)v
U-NEXTでこの映画を見た感想は、また後日記事にしたいと思います。

 

U-NEXTの登録方法と解約方法については、こちらでも記事にしていますのでご覧ください~!

 

 

▼ドラマ「100万円の女たち」関連記事▼

 

▼100万円の女たち原作▼

 

 

スポンサーリンク