こんにちは!necoです。ドラマ「監獄のお姫さま」も折り返しの第5話です~。第5話は、先生(満島ひかり)がなぜ美容師資格を取ったのかが明らかに。それが第1話の勇介誘拐と繋がるのか?今回は「監獄のお姫さま」第5話のあらすじ&感想&結末予想をお届けします^^

スポンサーリンク

ドラマ「監獄のお姫さま」第5話あらすじ

板橋吾郎 (伊勢谷友介) が行方不明になってから3時間が経過しようとしていた。そんな中、弁護士が動画サイトで吾郎の姿を発見する。それは、カヨ (小泉今日子) たちが “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものだった。再審の難しさを訴える検事の 長谷川 (塚本高史) に 若井 (満島ひかり) は食って掛かる。

いっぽう2012年・女子刑務所では…
若井から、しのぶ (夏帆) の出産と 悠里 (猫背椿) の仮釈放決定の知らせを受け、カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていた。
そんな中、美容資格取得のガイダンスが行われる。カヨは受刑期間が長いので可能だったが、受刑期間が短く受講を諦めた 洋子 (坂井真紀) と 明美 (森下愛子) は、しのぶの子供のため、ベビーシッターに興味をもつ。
また、担当は唯一美容免許を持つ若井が美容担当を兼務することに。カヨは、そこで若井が美容師の資格を取得したいきさつを知る。

そして、ついに刑務所に赤ちゃん (勇介) を連れたしのぶが戻ってくる。
所内で子育て、今までにないケースに迷う 護摩所長 (池田成志) …。
おばさんたちはしのぶと勇介を守れるのか… !?

いよいよ、刑務所で期限付き「勇介」の子育てが始まるようですね^^
第5話は、先生が美容師の資格を取得したいきさつはなんなのでしょう?

 

※先生は、小さい頃、父の仕事の関係もあって、刑務所内にある美容室?(理容室)で髪を切ってもらっていた。せんせいを担当していたお姉さんにあこがれて美容師の資格を取った。
しかし、現実。先生には美容師がちゃらちゃらしているように見えた。それで公務員になったという。

 

しゃぶ厨さんが、一番最初に釈放されていたんですね。第1話で晴海いきつけの美容室で、晴海の髪を洗ってましたよね~。なぜそれができたのか謎がひとつ溶けたような~。

 

予告動画を見ると、

先生とおばさんたちがまさかの仲間割れ?

姫の母が、板橋吾郎に「勇介」を預けた?

馬場カヨが「今度遅れたら懲罰ね!」とすごんでいる相手が気になる~。板橋吾郎?検事の長谷川?

※すごんでた相手は、板橋吾郎や検事の長谷川が発する「おばさん」という言葉に反応しない先生に対してでした。

 

あれが本性!?

勇介を刑務所内でみんなで育てたのが微笑ましかったです~。

ようやく板橋吾郎は、勇介は自分の子供と認めましたね~。

勇介は、刑務所内で育てられるのは、1年半。
姫は、絶縁状態の実母に引き取ってもらうよう頼んだ。板橋吾郎には渡さないと約束した。

にもかかわらず、迎えに来たのは姫の母親と板橋吾郎だった~!!
裏切り者の母親だ~!!!

第6話も楽しみです♪

 

「監獄のお姫さま」第1話から最新話まで見るなら U-NEXTがおススメです♪

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「監獄のお姫さま」第5話皆さんの感想

馬場カヨの「現実」がグサリと来る

 

財テクの高い高いごっこがブラックだけど笑える

 

姫の母が許せない~!!

 

 

ラストシーンが凄かった!

 

スポンサーリンク

 

ドラマ「監獄のお姫さま」第5話から勝手に伏線予想。

第5話で、勇介の母親は「姫」というのがわかりました~。赤ちゃん時の勇介と2017年時点での勇介が別人物かもと思ってましたがはずれかな~。

6話からは、ポンコツすぎる検事の長谷川が再審請求申請までできるのかが鍵になりそうと勝手に思っております。

 

第6話が楽しみです~!!

 

 

 

▼監獄のお姫さま関連記事▼

 

スポンサーリンク